Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年6月 > 特別支援学校塙保己一学園 6月10日「点字ブロックをふさがないで」理解推進啓発キャンペーンを実施します

ここから本文です。

 

発表日:2017年6月2日14時

県政ニュース

特別支援学校塙保己一学園 6月10日「点字ブロックをふさがないで」理解推進啓発キャンペーンを実施します

部局名:教育局
課所名:特別支援学校塙保己一学園
担当者名:寺田

直通電話番号:049-231-2121
Email:r312121@pref.saitama.lg.jp

 県立特別支援学校塙保己一学園(校長:佐野貴仁)では、視覚障害者が街を安全に歩ける社会環境整備を願っています。

 そこで、地元である川越駅において「点字ブロック理解推進啓発キャンペーン」を6月10日(土曜日)にJR川越駅並びに東武東上線川越駅の協力を得て実施します。

 当日は、児童生徒、保護者、卒業生及び教職員が「点字ブロックをふさがないで」と駅利用者に伝えながら、キャンペーンメッセージ入りティッシュ並びに煎餅を配付します。

 また、今回、キャンペーンの趣旨に賛同していただいたJR東日本の川越駅、大宮支社並びに東武東上線川越駅、大宮鉄道少年団などの皆様にも御協力をいただきます。

 さらに、埼玉県のマスコットのコバトンとさいたまっち、川越市のマスコット「ときも」、塙保己一学園のゆるキャラである白杖の妖精「つえぽん」も応援に駆け付けます。 

 啓発キャンペーンの概要

1 日時

 平成29年6月10日(土曜日) 雨天実施

 10時30分~11時00分

2 場所

 川越駅 東西連絡通路並びに東西口デッキ

3 参加者

 児童生徒、保護者、卒業生及び教職員 約70名

 JR東日本の川越駅員、大宮支社員 約8名

 東武鉄道の川越駅員 約4名

 大宮鉄道少年団 約40名

4 内容

 キャンペーン用メッセージ入りティッシュ並びに煎餅の配付

 

参考資料(PDF:194KB)

 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。