Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年5月 > 県立高等学校教員の教員免許状の失効による失職について

ここから本文です。

 

発表日:2017年5月19日16時

県政ニュース

県立高等学校教員の教員免許状の失効による失職について

部局名:教育局
課所名:教職員採用課
担当名:総務・免許担当
担当者名:大久保

直通電話番号: 048-830-6674
Email:a6790@pref.saitama.lg.jp

部局名:教育局
課所名:県立学校人事課
担当名:教員人事担当
担当者名:田中

直通電話番号:048-830-6738
Email:a6720@pref.saitama.lg.jp

 

 南部地区の県立高等学校の教諭が、教員免許状の有効期限を誤認し、免許更新の手続きを失念していたため、平成29年3月31日をもって教員免許状が失効し、同日に遡って失職となりました。

 

 

1 判明の経緯

    毎年度実施している免許更新講習の対象者調査の事務を進める中で、当該校の教頭が、当該元教諭の教員免許状に記載されている有効期限が平成29年3月31日となっていることに気づき、発覚したものである。

 

2 免許失効の原因

    当該元教諭が、自身の所持する免許状の有効期限がまだあるものと誤認していたため。

 

3 今後の対応

 (1) 教員免許状の有効期限について緊急点検を実施する。

 (2) 当該校においては、校長が生徒及び保護者に対し状況を説明する。

県政ニュースのトップに戻る