Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年5月 > DV被害母子の心のケアのために ― 「びーらぶ」プログラム、そして新たに電話相談も開始 ―

ここから本文です。

 

発表日:2017年5月19日14時

県政ニュース

DV被害母子の心のケアのために ― 「びーらぶ」プログラム、そして新たに電話相談も開始 ―

部局名:県民生活部
課所名:男女共同参画課
担当名:DV対策担当
担当者名:野村・藤田

内線電話番号:2925・2923
直通電話番号:048-830-2925
Email:a2920@pref.saitama.lg.jp

 DVのある家庭に育った子どもは、DVから避難した後も、成長とともに不登校や引きこもり、暴力的行為などの問題が生じる場合があります。また、母親はDVの子どもへの影響についての心配に加え、母親自身も就労継続が難しいなど、自立に向けて母子ともに困難を抱えていることが支援の現場から報告されています。

 このため、埼玉県ではDVを受けた母子の心のケアにおいて効果が認められている心理教育プログラム「びーらぶ」を、今年度も全市町村と共催で実施します。

 さらに、プログラムに参加することができなかった母子等も対象とする電話相談を新たに開始し、幅広く継続的な支援を図ります。 

 「びーらぶ」について

1 概要

 母親と子どもが母親グループと子どもグループに分かれ、同じテーマを同時並行で学ぶことで、母子の相互関係も改善され、効果を高めるプログラムです。

 対象者は加害者から避難した母子です。

 安心・安全な場で、暴力的でない関係のつくり方を学びます。

 また、自分を責めがちな被害者に対し、自分は大切な存在であるという「自己肯定感」を高めます。

2 平成29年度のプログラム

 事業開始から4年目を迎え、今年度はプログラムの日数を一日伸ばしました(1回コースを除く)。また、昨年度よりも実施会場を増やしました。

 

 【プログラムの実施時期等】 ※会場は申込みされた方にお知らせします。

会場

コース

実施時期

対象

1

説明会と1回(計2日間)

平成29年7月のうちの2日間

未就学児**

その母親

2

小学校低学年児童とその母親

3

説明会と5回

(計6日間)

平成29年9~10月の5日間と1月のうちの1日間

小学校低学年児童とその母親

4

平成29年9~11月の5日間と2月のうちの1日間

未就学児**

その母親

5

平成29年12月~平成30年1月の5日間と3月のうちの1日間

小学校低学年児童とその母親

 * 土曜日又は日曜日、祝日に実施

 ** 幼稚園等の年中・年長学年 

 「DV被害母子のための心のケア電話相談」について

1 概要

 DVにより自分のこと、子どものことで悩んでいる方の電話相談を、「びーらぶ」プログラムのインストラクターがお受けします(5月9日~開始)。

 なお、「びーらぶ」プログラム受講の有無は問いません。

(1)相談日時

 毎週火曜日 16時~19時(平成30年1月2日は除きます)

(2)受付電話番号

 048(858)5082

 (NPO法人パープルネットさいたま(電話相談受託団体))

 

 「びーらぶ」プログラムの申込方法などは、HPをご覧ください

 http://www.pref.saitama.lg.jp/a0309/dv-kokoro-care/bi-love.html

 

 【参考資料:チラシ1(PDF:1,402KB)2(PDF:687KB)

 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。