Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年5月 > 埼玉県ふるさと創造資金の支援事業(平成29年度第1回)が決まりました

ここから本文です。

 

発表日:2017年5月18日14時

県政ニュース

埼玉県ふるさと創造資金の支援事業(平成29年度第1回)が決まりました

部局名:企画財政部
課所名:地域政策課
担当名:地域振興担当
担当者名:大山、金子

内線電話番号:2769
直通電話番号:048-830-2773
Email:a2760-01@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県では、地域資源や強み等を生かして地域づくりに取り組む市町村に対し、「埼玉県ふるさと創造資金」により財政的支援を行っています。

 平成29年度(第1回)は、市町村の地域資源や観光スポットを活用する事業、県の重点施策に連動する事業、人口減少・超少子高齢化社会の到来を見据えた先進的な取組に対して支援を行います。46市町村が対象で、補助額合計は約3.47億円です。 

1 主な事業

(1)川口市立グリーンセンター開園50周年愛着醸成・おもてなし向上事業(川口市)

 市民の憩いの場であるグリーンセンター開園50周年を記念した式典、記念植樹、コンサート等を開催する。また、昭和42年埼玉国体夏季大会時に天皇皇后両陛下(当時、皇太子同妃両殿下)が宿泊された貴賓室等を改修して一般公開し、歴史的施設の活用、地域の魅力向上を目指す。

 

(2)市制50周年及びオリンピック・パラリンピックを契機としたまちの賑わい創出事業(朝霞市)

 市制施行50周年を記念して誕生した公認キャラクターによるシティ・プロモーションや市内を拠点とする芸術家の作品展示などを行う。また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の射撃競技会場としての機運を高めるため、ビームライフル体験講座やオリンピアンによる講演、パラリンピック競技体験などを実施する。

 

(3)みんなでプロデュース「まつぶし逸品」開発事業(松伏町)

 産・官・学・農・言の協働により、町の農産物を活用した「まつぶし逸品」を開発する。試作品は様々なイベントで広く意見を求め、名称も公募するなど「みんなでプロデュース」することで、町への愛着心醸成、魅力の発信を行う。 

 

(4)さくらと自然のまち北本 魅力アップ事業(北本市)

 日本五大桜「石戸蒲ザクラ」をはじめとする桜の名所、緑豊かな荒川周辺の雑木林を巡るウォーキングコースを新たに開拓する。また、ウォーキングイベントの開催やコース内への休憩所、案内板の設置により、交流人口の増加、地域活性化を目指す。

 

(5)伊奈町丸の内地域~歴史薫り、人行き交うまち~創造事業(伊奈町)

 埼玉県指定史跡である伊奈氏屋敷跡をPRするため、住民との協働により、発掘調査、案内看板の設置、保存計画の策定、イベントの開催等を行う。また、ホームページやフェイスブックなどを積極的に活用した情報発信、ボランティアガイドの育成により、郷土愛の醸成、地域活性化を目指す。

 

(6)地域資源で雇用創出プロジェクト(小川町)

 小川町の貴重な地域資源である「小川和紙」と「有機農業」の2つの産業の活性化を図る。また、移住希望者の総合窓口として、空き家バンク、町の施策情報、仕事情報などをワンストップで提供する「移住サポートセンター」を運営し、地元雇用の創出と魅力発信による移住・定住の促進を目指す。

 

(7)遠足の聖地プロジェクトによる日高市の賑わい創出(日高市)

 高麗郷一帯を「遠足の聖地」としてプロジェクトを推進し、「日高かわせみの里ツーデーウォーク」を開催する。市の一大イベントとして観光協会、商工会等と共催し、市民の健康づくりや郷土愛の醸成、交流人口の増加、地域経済の活性化を目指す。

 

(8)「足袋のまち行田」活性化推進事業(行田市)

 地場産業である「行田足袋」の歴史について理解を深めるため、市内の全小学校3年生が自分でデザインした足袋によるマイ足袋発表会を開催し、郷土愛の育成を図る。また、外国人出演者による行田の足袋PR動画を作成・配信し、交流人口の拡大、地域経済の活性化を目指す。

 

(9)寄居レガシー創出プロジェクト2020(寄居町)

 ブータン王国陸上オリンピックチームの事前キャンプ地決定を受け、交流事業を実施する。ブータン選手の小学校訪問、中学生向け国際教育やブータン写真展などを開催し、異文化交流を通じたグローバル人材の育成、町の認知度向上を目指す。

 

(10)北部地域 若者UIJターン促進事業(熊谷市、本庄市、深谷市、美里町、神川町、上里町、寄居町)

 北部地域7市町が連携し、移住・定住フェアへの参加等による魅力発信、結婚支援、高校生を対象とした合同企業説明会、空き家バンクの充実などを複合的に展開し、若者の移住・定住の促進、出生数の増加を目指す。

 

(11)小鹿野町には挑戦できる壁がある!山岳観光再発見事業(小鹿野町)

 旧両神中学校の体育館にボルダリング施設を設置する。また、両神山、二子山の登山拠点である坂本バス停に休憩所、案内板を整備し、クライミング、登山のメッカ「小鹿野」を目指す。

2 支援の概要

(1)補助額等

 ・ 対象市町村 46市町村

 ・ 対象事業 46事業

 ・ 補助額合計 約3.47億円 

 

(2)事業の内訳(事業内容別)

 ・ 魅力発信 12事業

 ・ にぎわい・観光 10事業

 ・ 文化・国際交流 3事業

 ・ 超少子高齢化対策 5事業

 ・ スポーツ・健康 3事業

 ・ 川のはつらつ 2事業

 ・ 自治連携 1事業

 ・ コミュニティ施設 10事業

 合計 46事業

 

※ 埼玉県ふるさと創造資金について

 制度の概要及び主な事業の詳細は、下記URLからご覧ください。

 http://www.pref.saitama.lg.jp/kurashi/kenmin/furusatosozo/index.html

 

県政ニュースのトップに戻る