Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年5月 > 副知事がロータリー財団奨学生を激励し、埼玉親善大使を委嘱します ―友好親善の懸け橋に―

ここから本文です。

 

発表日:2017年5月9日14時

県政ニュース

副知事がロータリー財団奨学生を激励し、埼玉親善大使を委嘱します ―友好親善の懸け橋に―

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当名:グローバル人材育成担当
担当者名:安部・土居

内線電話番号:2711
直通電話番号:048-830-2711
Email:a2705-01@pref.saitama.lg.jp

 国際ロータリーが実施する奨学金プログラムにより海外の大学へ留学する奨学生2名が副知事を表敬訪問します。

 副知事が、奨学生を激励し、埼玉親善大使を委嘱して海外へ送り出します。

 埼玉親善大使となった留学生は、本県と世界の国々との友好親善の懸け橋として、現地において埼玉県のPRを行うほか、現地の様子や自身の活動などを県ホームページでレポートし、広く県民の皆様にお伝えします。 

表敬訪問及び埼玉親善大使委嘱式の概要

1 日時 

 平成29年5月12日(金曜日)11時10分~11時40分

2 場所 

 知事公館2階中会議室

3 出席者(敬称略)

(1)国際ロータリー第2570地区(埼玉西北)

 奨学生 須山 恵理香(留学先:イタリア)

 ガバナー 前嶋 修身

 その他役員5名 

(2)国際ロータリー第2770地区(埼玉南東)

 奨学生 仲本 莉乃(留学先:アメリカ)

 ガバナー 浅水 尚伸

 その他役員5名

4 内容

 (1)国際ロータリー役員紹介

 (2)国際ロータリー代表挨拶

 (3)奨学生自己紹介

 (4)副知事挨拶

 (5)埼玉親善大使委嘱状授与

 (6)記念撮影

 

参考情報

ロータリー財団奨学生について

(1)概要

 1947年(昭和22年)に創設された民間基金による世界最大規模の奨学金プログラムで、これまで4万人以上の学生が本プログラムを利用して留学しています。 

 奨学金の主要な目的は、国際親善と友好であり、奨学生は高い学業成績を求められるとともに、留学先で国際交流を深めるためのあらゆる活動を行う責務があります。

(2)ロータリー財団奨学生に関するホームページ

 ア 国際ロータリー第2570地区 https://www.rid2570.gr.jp/

 イ 国際ロータリー第2770地区 http://www.ri2770.com/ 

埼玉親善大使

(1)目的

 埼玉県と世界の国々との懸け橋になっていただける方に「埼玉親善大使」を委嘱しています。相手国に対して本県のPRを図るとともに、埼玉県の国際化の推進を図ります。

(2)委嘱実績(平成29年5月1日現在)

 ア 主な委嘱対象

 「埼玉発世界行き」奨学生、姉妹友好州省奨学生、JICAボランティア等

 イ 延べ委嘱者数 4,256名(平成5年4月~)

(3)埼玉親善大使レポートのホームページ

 http://www.pref.saitama.lg.jp/bunka/kokusai/toko/index.html

 

 

県政ニュースのトップに戻る