Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年4月 > 近絶滅種 アカエリマキキツネザルに待望の赤ちゃん誕生!

ここから本文です。

 

発表日:2017年4月28日14時

県政ニュース

近絶滅種 アカエリマキキツネザルに待望の赤ちゃん誕生!

部局名:こども動物自然公園指定管理者
課所名:公益財団法人埼玉県公園緑地協会
担当名:こども動物自然公園管理事務所
担当者名:清水 高玉 信永

直通電話番号:0493-35-1234
Email:zoo@parks.or.jp

 こども動物自然公園(園長 田中理恵子)では、平成29年4月15日(土曜日)に近絶滅種であるアカエリマキキツネザルの繁殖に初めて成功しました。

 アカエリマキキツネザルはマダガスカル島にのみ生息するサルの仲間で、生息地の開発により絶滅の危険が一番高い近絶滅種に指定され、国内における繁殖例も少ないものです。

 当園では、平成25年に横浜市野毛山動物園からブリーディングローン(*1)によりアカエリマキキツネザル2頭(オス1頭メス1頭)を導入し、繁殖を試みていました。

 赤ちゃんは、とても元気で良く動いています。また、お母さんも子育てに奮闘中です。

 順調に成長すれば、来月にはお披露目できる見込みです。お楽しみに。

 

 ※1 ブリーディングローン (Breeding Loan) とは、動物園や水族館などで行う動物の貸借制度。種の保存のため、希少動物を貸し借りして繁殖の環境をつくるもの。

アカエリマキキツネザル赤ちゃんの公開

1 日時 

 来月

2 場所 

 キツネザル舎

 

【参考資料:写真(PDF:177KB)

両親の情報

 

生年月日(年齢)

父親

平成17年(2005年)5月12日生れ(12歳)

平成25年(2013年)6月6日横浜市野毛山動物園より来園

母親

平成24年(2012年)4月24日生れ(5歳)

平成25年(2013年)6月6日横浜市野毛山動物園より来園

赤ちゃん

(性別不明)

平成29年(2017年)4月15日生れ

アカエリマキキツネザル

 学名:Varecia rubra

 英名:Red Ruffed Lemur

 分類:霊長目キツネザル科

 分布:マダガスカル島

 体長:50cm

 体重:4kg

 生息環境:マダガスカルの東海岸沿いの熱帯雨林

 食べ物:主に果物、花蜜、花粉。果物が不足になったときに葉や種子

 寿命:野生下で15〜20年。飼育下で、25年

 IUCNレッドリスト:CR(近絶滅種)

 ワシントン条約(CITES):附属書I

利用案内

1.開園時間

 9時30分~17時00分

 ※ 4月29日、30日、5月3日~7日は9時00分~17時30分

 (入園は、閉園の1時間前まで)

2.休園日 

 毎週月曜日(ただし、月曜が祝日の場合は開園)

 ※ 5月1日・15日・22日・29日は開園します。

3.入園料 

 大人(高校生以上) 510円(団体410円)

   小人(小・中学生) 210円(団体170円)

 * 小学校就学前・障害者手帳をお持ちの方は無料

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。