Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2018年2月 > 渡航歴のない麻しん(はしか)患者の発生について

ここから本文です。

 

発表日:2018年2月27日14時

県政ニュース

渡航歴のない麻しん(はしか)患者の発生について

部局名:保健医療部
課所名:保健医療政策課
担当名:感染症・新型インフルエンザ対策担当
担当者名:小貝・渡邊

内線電話番号:3589
直通電話番号:048-830-3557
Email:a3510-17@pref.saitama.lg.jp

2月中旬以降、県内では成人の麻しん(はしか)患者が3件報告されています。いずれも渡航歴がなく、現在、保健所では感染経路を調査するとともに、接触者調査を実施し、感染拡大の防止に努めています。

麻しんは感染力が非常に強く、今後、地域的な流行が拡大する可能性がありますので、麻しんに対する免疫を持たない乳児などは特に注意が必要です。

なお、麻しんを疑う症状が現れた場合には、次の点に注意して速やかに医療機関に受診してください。

【麻しんを疑う症状が現れた方へ】

  • 受診する前に、必ず住所地を管轄する保健所へ連絡してください。
  • 受診の際は、保健所の指示に従い、マスクを着用の上、医療機関で受付してください。
  • 移動の際には、周囲の方に感染させないよう公共交通機関等の利用を避けてください。 

【麻しんの症状】

  • 感染すると10日から12日の潜伏期間(症状のない期間)を経て、38℃程度の発熱、風邪のような症状(咳や鼻水など)が現れ、2~4日間続きます。口の中に小さな(約1mm)白い発疹ができます。
  • その後、熱は1℃程度下がりますが、再び39℃以上の発熱があり、体中に赤い発疹が出現します。

【麻しんとは】

  • 麻しんウイルスによって引き起こされる病気で、空気感染、飛沫感染、接触感染で人から人に感染が伝播します。
  • 感染力は非常に強く、麻しんの免疫のない集団に1人の発症者がいた場合、12~14人の人が感染するとされています(インフルエンザでは1~2人)。
  • 特異的な治療方法はなく対処療法が中心となります。
  • 有効な予防方法はワクチン接種です。2回接種による免疫獲得率は97~99%以上と報告されており、発症リスクを最小限に抑えることが期待できます。

【患者概要】

患者3名のうち、1名はすでに回復しており、2名は自宅療養中です。

(1)20歳代  男性  熊谷保健所管内在住  海外渡航歴なし

  • 1月30日  発熱  A医療機関受診
  • 1月31日  解熱
  • 2月7日    発熱
  • 2月9日    発疹出現
  • 2月12日  B及びC医療機関受診
  • 2月14日  D医療機関入院
  • 2月17日  D医療機関退院  坂戸保健所に麻しんの届出(検査診断例)あり
  • 2月21日  県衛生研究所の遺伝子検査で麻しん陽性確認

(2)30歳代  男性  熊谷保健所管内在住  海外渡航歴なし

  • 2月18日  発熱  E医療機関受診
  • 2月19日  発熱が続いたためF医療機関受診
  • 2月20日  発疹出現
  • 2月21日  F医療機関を再診、医師が発疹確認
  • 2月22日  G医療機関入院  熊谷保健所に麻しんの届出(臨床診断例)あり
  • 2月23日  県衛生研究所の遺伝子検査で麻しん陽性確認
  • 2月27日  G医療機関退院

(3)30歳代  男性  熊谷保健所管内在住  海外渡航歴なし

  • 2月23日  発熱
  • 2月24日  H医療機関受診
  • 2月26日  発疹出現、H医療機関再診
  •              熊谷保健所に麻しんの届出(臨床診断例)あり
  •              県衛生研究所の遺伝子検査で麻しん陽性確認

「特記事項」

※患者及び患者家族等の個人情報については、プライバシー保護の観点から本人等が特定されることがないよう、特段の御配慮をお願いします。

 

<参考>

1 麻しんの発生状況について

(単位:人)

 

H25

H26

H27

H28

H29

H30

埼玉県

26

27

2

8

5

3*

全国

229

462

35

165

189

3**

*平成30年2月26日時点

**平成30年2月18日時点

2 その他参考情報

  • 埼玉県のホームページ「麻しん(はしか)について」

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/kansen/measles.html

  • 厚生労働省ホームページ「麻しんについて」

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/

  • 国立感染症研究所  感染症疫学センター「麻しん」

https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/518-measles.html

 

県政ニュースのトップに戻る