Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2018年2月 > 羽生ふじ高等学園 生徒が心をこめて栽培したトマトを販売します

ここから本文です。

 

発表日:2018年2月16日14時

県政ニュース

羽生ふじ高等学園 生徒が心をこめて栽培したトマトを販売します

部局名:教育局
課所名:特別支援学校羽生ふじ高等学園
担当名:教頭
担当者名:藤倉

直通電話番号:048-560-2020
Email:k602020@pref.saitama.lg.jp

県立特別支援学校羽生ふじ高等学園(校長 小池 浩次、生徒113名)では、平成30年2月24日(土曜日)10時から、熊谷市にある八木橋百貨店の地下食品売り場において、農業技術科農業コース2・3年生の生徒17名が育てたトマトを販売します。トマトは糖度が10近くある品種の「ごほうび」です。

販売の概要

1 日時 

平成30年2月24日(土曜日)10時00分~ 売り切れ次第終了

※昨年度は販売開始から約20分程度で完売。

2 場所 

八木橋百貨店 地下食品売り場(熊谷市)

3 販売数量 

約100袋程度(1袋3~4個入り)

4 金額 

200円

5 販売員 

生徒6名、教員3名

 

本校は、創立11年目を迎え、「生徒一人一人の主体的な学びを大切にし、働く力を伸ばす学校」という「目指す学校像」を掲げ授業・実習に取り組んでいます。

本格的にトマト栽培を始めて今年で10年目になり、生徒は担当指導者と一緒に朝早くから夕方まで毎日、トマト栽培に励んでいます。

販売学習の一環として行うだけでなく、自分たちの栽培したトマトがお客様に渡るときの喜びを味わわせたいと考えています。

八木橋百貨店でのトマト販売も10年目となり、購入されたお客様から「とっても美味しかった」という喜びの声をたくさんいただき、生徒の自信に繋がっています。

今年も昨年以上の品質の良い甘いトマトができましたので、一人でも多くのお客様に喜んでいただきたいと考えております。

県政ニュースのトップに戻る