Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2018年1月 > 「農業発!新商品お披露目会」を、埼玉県農商工連携フェア内にて開催

ここから本文です。

 

発表日:2018年1月29日14時

県政ニュース

「農業発!新商品お披露目会」を、埼玉県農商工連携フェア内にて開催

部局名:農林部
課所名:農業ビジネス支援課
担当名:農商工連携・6次産業化担当
担当者名:加藤、佐藤

内線電話番号:4122
直通電話番号:048-830-4122
Email:a4105-07@pref.saitama.lg.jp

農業ビジネス支援課では、農業者と商工業者の異業種間連携による新商品開発の取り組みを支援しています。その一環として、埼玉県農商工連携フェア(※)の会場内に「農業発!新商品お披露目会」としてコーナーを設置、今年度農業者と商工事業者がそれぞれの強みを生かして開発した30点以上の新商品を展示します。

※埼玉県農商工連携フェアとは、県の主催する県内最大規模の農業・食品産業の展示商談会です。

概要

1.日時

平成30年2月7日(水曜日) 10時00分~17時00分

2.場所 

さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ

(埼玉県さいたま市中央区新都心8) ※農商工連携フェア会場内

3.コーナー名 

農業発!新商品お披露目会

4.出展内容 【参考資料:展示内容(PDF:164KB)

(1)「1次×2次×3次埼玉の6次産業化」

農業者が主体となって開発した新商品15点の展示、試食提供を行い、開発者が商品を紹介します。

(2)「つなげる・ひろげる埼玉の農商工連携」

「農業の6次産業化ネットワーク交流会」をきっかけに農業者と商工業者が連携して開発した新商品16点の展示、試食提供を行います。

産業技術総合センター北部研究所が運営する「高付加価値食品開発研究会」をきっかけに県内製造業者が開発した、県産農産物を用いた新商品3点も展示紹介します。

5.その他

当日は展示商談会のため、一般の方の入場はできません。

 

参考 

1 6次産業化ネットワークミーティング

農業ビジネス支援課が主催する、農業者と食品関連事業者等との異業種間交流会。異業種間連携による新商品開発など、連携型6次産業化モデルの創出を目指しています。 

2 高付加価値食品開発研究会

高付加価値食品開発研究会はSAITEC北部研究所が運営し、県内食品関係企業の付加価値の高い製品づくりをサポートしています。高付加価値製品の開発に取り組む企業の方々を対象とした、『高付加価値食品開発支援セミナー』の開催や、SAITEC担当職員による個別製品の開発支援などを行っています。

※SAITEC=埼玉県産業技術総合センター

 

お問い合わせ先

6次産業化ネットワークミーティングについて

農林部農業ビジネス支援課 農商工連携・6次産業化担当 加藤、佐藤

ダイヤルイン 048-830-4122 代表 048-824-2111 

内線4122

高付加価値食品開発研究会について

産業労働部産業技術総合センター北部研究所 技術・事業化支援室 小島、原田

ダイヤルイン 048-521-0614 代表 048-521-0614 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。