Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2018年1月 > 埼玉県産木材による醤油の仕込み桶の作成が始まります。 比企郡川島町 笛木醤油株式会社

ここから本文です。

 

発表日:2018年1月26日14時

県政ニュース

埼玉県産木材による醤油の仕込み桶の作成が始まります。 比企郡川島町 笛木醤油株式会社

部局名:農林部
課所名:森づくり課
担当名:副課長
担当者名:戸田

内線電話番号:4318
直通電話番号:048-830-4318
Email:a4300@pref.saitama.lg.jp

比企郡川島町で代々醤油造りを営んでいる笛木醤油株式会社では伝統的な醸造方法を守り、大きな杉桶で醤油を仕込んでいます。古いものでは100年から150年も使っている桶もあるそうです。同社では今年一年をかけ、埼玉県産のスギ材で新しい桶を作る事になりました。

代表取締役社長の笛木正司氏は桶づくり技術の継承の必要性を強く感じ、減少する桶職人の育成や自社内でも桶づくりができる体制作りにも取り組んできました。

平成28年12月、地元川島町が全国で初めて学校木育推進宣言を発表しました。町内全ての小学校6校で木育を進めることになり、笛木社長は県産木材で桶を作り子供たちにも見てもらいたいと思い立ちました。

笛木社長から相談を受けた県は、スギ材の調達先としてときがわ町を紹介しました。

ときがわ町役場の全面バックアップを受けた笛木社長は、2月13日に徳島から桶職人を招き、ときがわ町内のスギ林を下見するほか、今後の手順などの打ち合わせに入ります。

今年8月からは、県産木材による醤油仕込み桶の作成が始まります。桶は30石前後(直径2m程度)の大きさを予定しています。

 

 

笛木醤油株式会社の仕込み桶の様子

 

県政ニュースのトップに戻る