Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2018年1月 >  埼玉県環境科学国際センター講演会のプログラム決定!今年度のテーマは、「守ろう 創ろう 未来の環境~持続可能な社会とは~」

ここから本文です。

 

発表日:2018年1月22日14時

県政ニュース

 埼玉県環境科学国際センター講演会のプログラム決定!今年度のテーマは、「守ろう 創ろう 未来の環境~持続可能な社会とは~」

部局名:環境部
課所名:環境科学国際センター
担当名:研究企画室
担当者名:桜井

直通電話番号:0480-73-8365
Email:g7383312@pref.saitama.lg.jp

埼玉県環境科学国際センターでは、毎年、環境に関する試験・研究の成果を、県民の皆様に分かりやすく紹介するため、講演会を開催しています。

今年度は、「守ろう 創ろう 未来の環境~持続可能な社会とは~」をテーマに、深刻で複雑な環境問題を抱える世界において、持続可能な社会の構築に向け、その解決策、社会のあり方を考えるプログラムを用意しました。

是非とも御参加ください。

1時 

平成30年2月2日(金曜日)13時00分~16時30分(開場12時00分)

2 

埼玉会館ホール(さいたま市浦和区)

3ログラム

(1)開会あいさつ(13時00分~13時10分)

総長山 史郎

(2)基調講演(13時10分~14時10分)

『持続可能な社会を目指して~今、私達にできること~』

国立研究開発法人国立環境研究所

社会環境システム研究センター副センター山 康子

 

「持続可能な発展」や「持続可能性」といったことばを、なんとなく耳にしたことはあるかもしれませんが、漠然としたよく分からない、自分の生活には関係なさそうな概念という印象をもっていませんか。

本講演では、「持続可能な発展」という言葉が誕生した頃に想定されていた意味を説明し、それが近年にかけてどのように進化を遂げてきたか、また、いまや、日本に住む私たちにとっても、目指すべき目標となっていることについて講演いただきます。

 (3)ポスター展示の紹介(14時10分~14時25分)

センターで展開している試験研究や環境学習活動を紹介するポスターを、会場ロビーで展示します。このポスター展示について、担当別に研究者が見どころを紹介します。

休憩(14時25分~14時45分) 

 (4)研究成果・事例発表(14時45分~16時15分)

ア『産業廃棄物処理に伴う化学物質の流れ~焼却処理による重金属等のゆくえ~』

研究推進室 副室長 渡辺 洋一

産業廃棄物に含まれる化学物質は、焼却処理されると環境中へ排出されるとともに、燃え殻などに含まれて移動します。化学物質の排出量を把握することは、化学物質を管理する上で重要ですが、焼却処理施設では排出量の推計が困難であり、推計手法の確立が重要な課題となっています。本発表では、研究によりわかった産業廃棄物の焼却処理に伴う化学物質の流れと大気排出量の推計手法について紹介します。

イ『増加したニホンジカによる森林被害の現状とその管理を巡る課題~秩父地域を事例として~』

自然環境担当

埼玉県においても近年シカの分布域が拡大しています。本発表では、シカが増えることによって起こる様々な問題の中で、特に森林に与える影響について秩父地域の事例を紹介します。また、その対策として行われているシカの個体数管理の現状から、人間とシカとの共存に向けた今後の課題について考えます。

ウ『県内河川における細菌の分布と水質との関係~目に見えない生き物は何をしているのか~』

水環境担当邊 圭司 

河川における細菌は、汚濁原因物質の取込みや分解などに寄与し、それ自身は動物プランクトンのエサ資源となり、食物連鎖の中で大切な役割を担っています。しかし、河川における細菌の研究の歴史は比較的浅く、まだ分からないことが多いのが現状です。そこで、県内河川における細菌の分布状況及び汚濁原因物質の循環への寄与について報告します。

(5)閉会あいさつ(16時15分~16時20分)

研究所長 村上 正吾

ポスター展示(12時00分~16時30分)

当センターで展開している、試験研究や環境学習活動を紹介するポスターを展示します。

また、次の時間帯には研究員等がポスターの内容を分かりやすく解説するとともに参加の皆様の質問にお答えします。

  1. 12時00分~13時00分(開演前)
  2. 14時25分~14時45分(休憩時間)
  3.  講演会終了後~16時30分

4加費

無料

5

どなたでもご参加いただけます。定員450名(事前申込順)

6込方法

FAXの場合

当センターホームページ内の参加申込書に必要事項をご記入の上、

FAX(0480-70-2031)でお申込みください。

  • 埼玉県環境科学国際センターホームページ

はがき、電子メールの場合

「氏名、ふりがな、団体・会社・学校名等、住所(市町村名)、電話番号」をご記入の上、以下の送付先へお申し込みください。

送付先

<はがきの場合>

〒347-0115 埼玉県加須市上種足914

埼玉県環境科学国際センター 研究企画室あて

<電子メールの場合>

電子メール:g7383312@pref.saitama.lg.jp

申込期限

平成30年1月26日(金曜日)

はがきの場合は、消印有効

県政ニュースのトップに戻る