Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2018年1月 > 埼玉県立大学 研究開発センターシンポジウム2017が開催されます。

ここから本文です。

 

発表日:2018年1月15日14時

県政ニュース

埼玉県立大学 研究開発センターシンポジウム2017が開催されます。

部局名:保健医療部
課所名:保健医療政策課
担当名:政策企画担当
担当者名:渡辺

内線電話番号:3527
直通電話番号:048-830-3521
Email:a3510-13@pref.saitama.lg.jp

埼玉県立大学では、保健医療福祉分野の様々な課題に対して、学際的な視点から地域に根差した研究開発を進め、社会に貢献することを目的として、研究開発センターを設置しています。

このたび、センターの活動の一環として、「埼玉県立大学 研究開発センターシンポジウム~在宅における医療と介護の連携を円滑に展開するために~」が開催されます。

埼玉県は他に例のないスピードで高齢化が進み、医療と介護需要が急増する2025年問題への対応が急務となっています。多くの方々に御参加いただき、待ったなしの地域課題について問題意識を共有したいと思います。

1日時

平成30年1月26日(金曜日)13時30分~16時50分

2開催場所

埼玉県立大学講堂(越谷市三野宮820番地)

東武スカイツリーラインせんげん台駅下車(西口)ス5分

徒歩約20分

3プログラム

第1部

テーマ:「在宅医療・介護連携推進事業」を市町村支援から考える

講演1「2018年から始まる在宅医療・介護連携推進事業の展望」

講演者:厚生労働省保険局医療介護連携政策課長 黒田秀郎氏

講演2「埼玉県の在宅における医療・介護連携の取組と課題」

講演者:埼玉県医療整備課長 唐橋竜一 氏

講演3「在宅医療・介護における多職種連携研修プログラム(三郷モデル)の開発」

講演者:埼玉県立大学保健医療福祉学部教授 伊藤善典 氏

第2部

テーマ:「在宅医療・介護連携推進事業」を円滑に運営するための取組を考える

報告「越谷市における在宅医療・介護連携の取り組みと課題」

報告者 越谷市地域包括ケア推進課副課長 泰輔 氏

越谷市医師会副会長大越恭二 氏

越谷市医師会在宅医療連携拠点コーディネーター上 めぐみ 氏

パネルディスカッション (座長埼玉県立大学大学院教授越 雅弘 氏)

4申込み方法・問い合わせ先

大学HP専用お申し込みフォーム又は別紙リーフレットに必要事項(*)を御記入の上、ファックスでお申し込みください。

HP:https://www.spu.ac.jp/about/facilities/tabid650.html

ファックス:048-973-4380(埼玉県立大学研究開発センター)

(*)お名前(代表者)、参加人数、御連絡先(E-mail又は電話・ファックス)、御所属

問い合わせ先

埼玉県立大学研究開発センター(越谷市三野宮820番地)

電話・ファックス:048-973-4380

E-Mail:Reserch_c@spu.ac.jp

5その

参加費は無料です。

詳しくは別紙リーフレット又はホームページを御覧ください。

URL:https://www.spu.ac.jp/news/?itemid=235&dispmid=508 

 

【参考:チラシ】(PDF:411KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。