Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2018年1月 > 「東京2020に向けたボランティアシンポジウム~ボランティアがつなぐ埼玉県の未来・その先へ~」を開催します。

ここから本文です。

 

発表日:2018年1月15日14時

県政ニュース

「東京2020に向けたボランティアシンポジウム~ボランティアがつなぐ埼玉県の未来・その先へ~」を開催します。

部局名:県民生活部
課所名:オリンピック・パラリンピック課
担当名:会場対策担当
担当者名:清水

内線電話番号:2872
直通電話番号:048-830-2872
Email:a2880-05@pref.saitama.lg.jp

東京2020オリンピック・パラリンピックの期間中、埼玉県には国内外から100万人以上の観戦客がお越しになる見込みです。

多くのお客様を「おもてなしの心」をもってお迎えし、笑顔で応対するボランティアは、大会の成功に欠かせない存在です。

そこで、現役トップアスリートや大規模なスポーツイベントの第一線でボランティアに携わった方々を講師、パネリストに迎え、ボランティアの役割やおもてなしの心について考えるシンポジウムを開催します。

 

1時・会場

平成30年2月12日(月・休)14時30分~17時00分ェスタ川越多目的ホール

2

(1)第1部調講演

「車いすアスリートから見たボランティアの必要性と未来」

講師:副島 正純 氏(車いすアスリート/東京マラソン車いすレースディレクター)

(2)第2部パネルディスカッション

  • 副島 正純 氏(車いすアスリート/東京マラソン車いすレースディレクター)
  • 森村 ゆき 氏(東京マラソン財団 オフィシャルボランティアクラブ「VOLUNTAINER」アドバイザー/「RunforSmile株式会社」代表)
  • 渕山 知弘 氏(観光庁ユニバーサルツーリズム検討委員 /クラブツーリズム(株)ユニバーサルデザイン旅行センター課長)
  • ボランティア経験者

3申込方法

平成30年1月29日(月曜日)までに、郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加人数を明記の上、以下のいずれかの方法でお申し込みください。

【メール】a2880-05@pref.saitama.lg.jp

【インターネット】https://s-kantan.com/pref-saitama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=4051(「埼玉県 2020」で検索)

【電話】048-830-2872

【FAX】048-830-4756

【はがき】〒330-9301 県オリンピック・パラリンピック課(住所記入不要)

4定員・参加費等

定員400名、入場無料、要申込み

※申込者多数の場合は抽選します。当選者には、はがきで2月5日(月曜日)頃までにお知らせします(落選された方にはお送りしません)。シンポジウム当日は、この当選はがきをお持ちください。

5

2020オリンピック・パラリンピック/ラグビーワールドカップ2019埼玉県推進委員会、埼玉県

≪参考≫プロフィール

(1)副島 正純 氏(車いすアスリート/東京マラソン車いすレースディレクター)

1970年長崎県生まれ。1995年より車いすレースに出会い、2005年より本格的にアスリートとして活動を始める。車いすマラソン競技において、パラリンピック4大会連続出場(アテネ・北京・ロンドン・リオデジャネイロ)。2012年ロンドン大会男子車いすマラソン第4位。

現在も6大メジャーマラソン大会を中心にトップレーサーとして出場を続けながら、「走ることの素晴らしさ」「頑張ることの楽しさ」を伝える講演活動を各地で行っている。

(2)森村 ゆき 氏(東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブ「VOLUNTAINER」アドバイザー/「RunforSmile株式会社」代表)

大学卒業後、2006年~2009年笹川スポーツ財団所属。第1回東京マラソンの立ち上げとともに、主にボランティアの運営に携わる。現在は、東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブ「VOLUNTAINER」アドバイザーの他、スポーツを支える人たちと一緒にイベントを作り上げたい個人や企業向けのコンサルティングや企画運営を行う「RunforSmile株式会社」の代表や、世界の子どもたちに福祉向上のチャリティー文化普及浸透を図る「一般社団法人PARACUP」代表理事を務めるなど多方面にわたり活躍中。

(3)渕山 知弘 氏(観光庁ユニバーサルツーリズム検討委員/クラブツーリズム(株)ユニバーサルデザイン旅行センター課長)

旅行会社入社後約18年間「バリアフリー」に特化した旅行商品の企画、提案に携わる。特に障がい者や高齢者の誰もが楽しむことのできる「ユニバーサルツーリズム」の推進と深耕に向けた活動を継続して行う。自身が手掛けた「世界初!視覚障がい者夢の自動車運転体験ツアー」はツーリズムEXPOジャパン・ジャパンツーリズムアワード2016年領域優秀賞受賞。現在はその長年にわたる経験をふまえ、「おもてなし」の心を伝えるユニバーサルツーリズムセミナー等を各地で開催。埼玉県在住。

県政ニュースのトップに戻る