Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2018年1月 > 平成29年度埼玉県職員初動対応訓練及び大規模災害時対応図上訓練の実施について

ここから本文です。

 

発表日:2018年1月4日14時

県政ニュース

平成29年度埼玉県職員初動対応訓練及び大規模災害時対応図上訓練の実施について

部局名:危機管理防災部
課所名:消防防災課
担当名:防災訓練担当
担当者名:木南・鈴木

内線電話番号:8176
直通電話番号:048-830-8186
Email:a3165-52@pref.saitama.lg.jp

県では、過去の災害の体験を踏まえつつ、首都直下地震が発生したとの想定の下、県職員による初動対応訓練と、県・防災関係機関が連携した大規模災害時対応図上訓練を実施します。

なお、大規模災害時対応図上訓練は九都県市が合同で実施します。

共通事項

1 被害想定

平成30年1月10日(水曜日)午後4時、東京湾北部を震源域とするМ7.3の地震が発生。首都圏全域が被災し、埼玉県内でも最大震度6強を観測した。

2 訓練目的

(1)各参加機関の災害対応能力の向上

(2)県・市町村・関係機関の連携強化

(3)各種計画・マニュアル等の課題抽出

 

埼玉県職員初動対応訓練

1 実施日時

平成30年1月10日(水曜日)午後4時から午後5時まで

2 実施場所

埼玉県危機管理防災センター ほか

3 訓練対象者

県職員(本庁・地域機関の全職員)

※ 窓口業務者・警察・医療・教育従事者等は除く

4 主な訓練項目

(1)シェイクアウト訓練

(2)職員参集システム利用訓練

(3)初動対応実施訓練 

5 訓練の特徴

(1)九都県市合同での図上訓練前日に、県独自で初動対応訓練を実施。

(2)執務時間内における発災直後の職員安否確認や行動内容を確認。

 

大規模災害時対応図上訓練(第9回九都県市合同防災訓練・図上訓練)

1 実施日時

平成30年1月11日(木曜日)午前10時から午後3時まで 

2 実施場所

埼玉県危機管理防災センター ほか各参加機関の事業所等 

3 訓練参加機関

(1)埼玉県:各部局、警察本部

(2)市町村:県内63市町村

(3)消防:県内27消防本部(局)

(4)国機関:陸上自衛隊、国土交通省総合政策局・関東地方整備局・熊谷地方気象台、関東財務局

(5)医療機関:県内18災害拠点病院、DМAT(※1)

(6)ライフライン関係機関:

ア 電気:東京電力パワーグリッド株式会社埼玉総支社

イ ガス:東京ガス株式会社埼玉支社

ウ 通信:東日本電信電話株式会社埼玉事業部、株式会社ドコモCS埼玉支店、KDDI株式会社北関東総支社、ソフトバンク株式会社

エ 交通:東日本旅客鉄道株式会社大宮支社、西武鉄道株式会社、東武鉄道株式会社、秩父鉄道株式会社、埼玉高速鉄道株式会社、埼玉新都市交通株式会社、首都圏新都市鉄道株式会社、東日本高速道路株式会社関東支社、首都高速道路株式会社、一般社団法人埼玉県バス協会

オ 物流:埼玉県生活協同組合連合会、一般社団法人埼玉県トラック協会、埼玉県倉庫協会、日本通運株式会社埼玉支店

(7)九都県市(※2)

(8)関西広域連合(※3)

4 主な訓練項目

(1)災害対策本部、支部の開設・運営訓練

(2)帰宅困難者対策訓練

(3)救援物資・資機材搬送調整訓練

(4)緊急輸送路の確保訓練

(5)医療救護応援調整・広域医療搬送調整訓練

(6)国、関西広域連合との相互連携訓練

5 訓練の特徴

(1)九都県市応援調整本部との調整と受援マニュアルの検証

(2)実動を交えたプッシュ型支援物資の輸送訓練

(3)災害時応援協定の実効性の検証

6 訓練の形式

コントローラー(※4)とプレイヤー(※5)に分かれ、コントローラーからの状況付与に従いプレイヤーが災害対応を検討し実行する。プレイヤーにはあらかじめ知らせない形で状況が付与され(ブラインド方式)、訓練を進行する。

 

※1 DMAT

Disaster Medical Assistance Teamの略。災害発生後、概ね48時間以内に活動できる機動性を持ち、専門的な訓練を受けた災害派遣医療チーム。

※2 九都県市

埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市により構成された組織。

※3 関西広域連合

滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、徳島県、京都市、大阪市、堺市、神戸市により構成された組織。

※4 コントローラー

訓練に必要な状況や情報をプレイヤーの動きにあわせて提供するグループ。

※5 プレイヤー

コントローラーから情報を付与されて対策を検討するグループ。

県政ニュースのトップに戻る