Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年3月 > 医療と介護のつなぎ役「在宅医療連携拠点」が全県域をカバー ~県内30郡市医師会の区域ごとに医療と介護の相談窓口をオープン~

ここから本文です。

 

発表日:2017年3月31日14時

県政ニュース

医療と介護のつなぎ役「在宅医療連携拠点」が全県域をカバー ~県内30郡市医師会の区域ごとに医療と介護の相談窓口をオープン~

部局名:保健医療部
課所名:医療整備課
担当名:在宅医療推進担当
担当者名:秋田・小暮・木村

内線電話番号:3545
直通電話番号:048-830-3545
Email:a3530-08@pref.saitama.lg.jp

 団塊の世代の方々が全て75歳以上となる2025年には、在宅医療のニーズが大幅に増えることが見込まれています。

 そこで県では、埼玉県医師会との共同プロジェクトとして、郡市医師会の区域ごとに医療と介護の相談窓口となる「在宅医療連携拠点」の設置を進めてきました。

 来る4月3日(月曜日)、県内に30ある郡市医師会の全ての区域で拠点をオープンすることが決まりましたので、お知らせいたします。

記 

1 在宅医療連携拠点とは

 在宅医療連携拠点は、医療と介護のつなぎ役として、医療と介護の相談窓口を含む3つの取組を実施しています。

 (1) 医療と介護の相談窓口

 医療・福祉の両方に精通した看護師などの専門職が、本人や家族、地域包括支援センターやケアマネジャーなどの介護関係者からの相談に対応しています。

 (2) 在宅医療を行う医師の紹介

 在宅医療を希望し、医師を探している方に対し医師を紹介しています。

 患者さんのニーズに合わせてスムーズに医師を紹介できるよう、医師の登録制度を設けており、約870人の医師に登録していただいています。

 (3) 在宅療養支援ベッドの確保

 たとえ在宅医療と言っても、肺炎や脱水など、一時的に入院が必要な時もあります。 

 そこで拠点では、必要な時に入院できるベッドをその地域の病院に確保しています。

 【郡市医師会の区域(PDF:243KB)】 

2 相談の実績

 平成27年5月から平成29年2月末までに累計で3、400件以上の相談が寄せられています。

【相談実績】 

 (H27年5月~H29年2月末)

 ○本人・家族 779件

 ○医療機関  1、099件

 ○介護関係者(ケアマネジャー等) 1、573件

 合計 3、451件

【相談者の割合】

170331-0502

 

 過去の相談者の4割以上が介護関係者からの相談です

 特に介護のキーマンとなるケアマネジャーは、サービスを検討する中で医師と調整が必要な場面もありますが、医師への意識として垣根が高いと言われています。

 拠点では、ケアマネジャーからの相談を受け、医療の知識についてアドバイスをするとともに、必要に応じて医師との調整も行うなど、医療と介護のつなぎ役を担っています。

 170331-0511170331-0514

 

3 今後の方向性

 平成30年4月までに全ての市町村が主体的に在宅医療・介護連携を推進することとされているため、在宅医療連携拠点は県事業から市町村事業に移行していきます。

 このため、平成29年度早々から県が移行に向けた協議の場を設定し、拠点を設置した郡市医師会と市町村の間を調整していきます。

 また、拠点を市町村に移行するまでの間に、拠点が連携の輪を広げていけるよう、県全域にICTによる在宅医療・介護連携システムを導入していきます。

 

 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。