Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年2月 > 埼玉県救急医療情報システム スマートフォン機能の運用開始について

ここから本文です。

 

発表日:2017年2月28日14時

県政ニュース

埼玉県救急医療情報システム スマートフォン機能の運用開始について

部局名:保健医療部
課所名:医療整備課
担当名:地域医療対策担当
担当者名:高野・熊谷・田中

内線電話番号:3559
直通電話番号:048-830-3559
Email:a3530-02@pref.saitama.lg.jp

 県では、救急患者を円滑に搬送するため、平成26年4月からタブレット端末を活用した、救急医療情報システムを導入しました。

 このシステムは医療機関が入力した受入可否情報を、救急隊が救急車に搭載したタブレット端末からリアルタイムに検索できるシステムです。

 このシステムの導入により、重症の救急搬送患者のうち受入要請回数が4回以上となった割合が、導入前の平成25年と導入後の平成28年を比べると約6割減少するなど、非常に大きな効果が出ています。

 この度、更なる救急搬送の迅速・円滑化を図るため、同システムにスマートフォン機能を追加し、平成29年3月1日から運用を開始することとしました。

 引き続き、救急医療体制の改善に取り組み、県民が安心して暮らせる環境を整備していきます。 

1 スマートフォン機能の概要

(1)目的

 救急医療情報システムにスマートフォンに対応した機能を追加し、救急隊員の利便性向上や搬送時間の短縮を図る。 

(2)主要な機能

 ○ スマートフォンで医療機関を検索し、ワンタッチで医療機関に電話が可能

 ○ 電話終了後、スマートフォンの画面からすぐに受入照会結果の入力が可能

 ○ 受入照会結果が直ちにシステムに反映され、全救急隊間で共有が可能

 ○ 各医療機関も地域の医療機関の受入状況を把握可能 

(3)運用開始日

 平成29年3月1日(水曜日) 

2 各消防本部のスマートフォン導入状況

 県内全消防本部の救急車にスマートフォンを導入予定

 ※3月1日時点では、全27消防本部中18消防本部が導入

 ※その後順次導入し、平成29年5月までには全消防本部で導入予定 

県政ニュースのトップに戻る