Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年2月 > こども動物自然公園 アマミトゲネズミの飼育繁殖について

ここから本文です。

 

発表日:2017年2月17日14時

県政ニュース

こども動物自然公園 アマミトゲネズミの飼育繁殖について

部局名:公益財団法人埼玉県公園緑地協会
課所名:こども動物自然公園管理事務所
担当者名:髙木 天野

直通電話番号:0493-35-1234
Email:zoo@parks.or.jp

 こども動物自然公園(園長 田中理恵子)では、奄美大島(鹿児島県)に生息するアマミトゲネズミ(オス2、メス2)の飼育繁殖を試みることになりました。

 日本のみに生息するトゲネズミ類は、全ての種類が絶滅の危機に瀕しています。

 そこで環境省と全国の動物園が加入する(公社)日本動物園水族館協会が連携し、トゲネズミ類の飼育下での保全を行うこととなりました。

 その第一弾として全国にある動物園のうち3箇所の動物園でアマミトゲネズミの飼育繁殖を試みることとなり、こども動物自然公園がその1つに選ばれました

 当園では、今回の試みを通じて、トゲネズミ類の保全に貢献できるよう取り組んでいきます。

 なお、今回はアマミトゲネズミの飼育繁殖が目的のため、一般公開は行いません。あらかじめ御了承ください。

1 トゲネズミ類(3種類、すべて天然記念物)

 ○ アマミトゲネズミ 環境省レッドリストで絶滅危惧1.B類

 ○ トクノシマトゲネズミ 環境省レッドリストで絶滅危惧1.B類

 ○ オキナワトゲネズミ 環境省レッドリストで絶滅危惧1.A類

2 他の飼育施設 宮崎市フェニックス自然動物園、恩賜上野動物園 

アマミトゲネズミ

 学名:Tokudaia osimensis

 分類:げっ歯目 ネズミ科

 分布:奄美大島

 サイズ:頭胴長120-175mm、尾長97-119mm、体重約90g 

こども動物自然公園 利用案内

1 開園時間

 9時30分~17時00分(入園は、閉園の1時間前まで)

2 休園日

 毎週月曜日(ただし、月曜が祝日の場合は開園)

3 入園料

 大人(高校生以上) 510円(団体410円)

 小人(小・中学生) 210円(団体170円)

 ※ 小学校就学前・障害者手帳をお持ちの方は無料

県政ニュースのトップに戻る