Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年2月 > 埼玉県農業大学校が、「グローバルGAP認証」を取得しました。

ここから本文です。

 

発表日:2017年2月16日14時

県政ニュース

埼玉県農業大学校が、「グローバルGAP認証」を取得しました。

部局名:農林部
課所名:農業大学校
担当名:養成部
担当者名:熊谷・荒

直通電話番号:048-501-7574
Email:r854111@pref.saitama.lg.jp

 農業大学校では、学生に世界標準の安全対策を体験してもらうため、GAPの中でも国際的な農業生産工程管理認証であるグローバルGAPの導入に取り組んできました。

 このたび、野菜学科露地栽培専攻がさつまいも栽培で認証機関の審査を受け、下記のとおり認証を取得しました。グローバルGAPの認証取得は、農業大学校では新潟県の水稲栽培に次いで全国で2番目、野菜では全国初となります。

1 グローバルGAP認証

(1) 審査日

 平成28年12月5日(月曜日)

(2) 認証日

 平成29年2月2日(木曜日)

 (3) 認証作物

 野菜学科 露地栽培専攻 さつまいも

2 グローバルGAPを取得した目的

 大学校生が農産物の安全性に関して、事実上のGAPの世界標準となっているグローバルGAPを学ぶことで、輸出拡大を見据え、世界に通用する農業の担い手の育成につなげる狙いで取得しました。

 

※GAPとは直訳すると「良い(Good)農業の(Agricultural)やり方(Practice)」のことで、農産物の安全性や作業者の安全、環境への負荷軽減に配慮した農業を実践することです。 

 

県政ニュースのトップに戻る