Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年2月 > 県立歴史と民俗の博物館 企画展「縄文の空間-暮らしと願い-」を開催します 見えてきた縄文時代の生活!県内の最新発掘調査成果もご紹介!

ここから本文です。

 

発表日:2017年2月16日14時

県政ニュース

県立歴史と民俗の博物館 企画展「縄文の空間-暮らしと願い-」を開催します 見えてきた縄文時代の生活!県内の最新発掘調査成果もご紹介!

部局名:教育局
課所名:歴史と民俗の博物館
担当名:展示担当
担当者名:宮原

直通電話番号:048-645-8171
Email:m410890@pref.saitama.lg.jp

 県立歴史と民俗の博物館では、3月18日(土曜日)から5月7日(日曜日)まで、企画展「縄文の空間―暮らしと願い―」を開催します。

 縄文時代後期~晩期(約4500~2500年前)は、大規模な集落が消え、土偶や石棒(せきぼう)といった特殊な遺物が数多く作られるなど、謎の多い時代とされてきました。しかし、近年の発掘調査により、盛土(もりど)工事された集落の出現や水辺の利用など、当時を生きた人々の様子が明らかになりつつあります。

 この企画展では、縄文時代後期~晩期の「建物」、「墓地」、「水場」などさまざまな生活空間に視点を合わせ、自然環境に密接し、それに適応しつつ、祈りと祀りに心を砕いた当時の暮らしの具体像を紹介します。

 あわせて展示に協力いただいた公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団の活動の様子をパネル等で紹介します。 

1.展示の概要

 【会期】 平成29年3月18日(土曜日)~5月7日(日曜日)

 【休館日】 月曜日(ただし3月20日(祝)、5月1日は開館します)

 【開館時間】 9時~16時30分(観覧受付は16時00分まで)

 【会場】 県立歴史と民俗の博物館 特別展示室・季節展示室

 【観覧料】 一般400円、高校生・学生 200円

                20名以上の団体 一般250円、高校生・学生150円

 ※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料

 ※リピーター割引あり(次回来館時の観覧料が団体割引料金)

 【アクセス】 東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅から徒歩5分

 ※駐車台数に限りがあります(18台)。公共交通機関をご利用ください。

 【協力】 公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団

             埼玉県立さきたま史跡の博物館

 【後援】 朝日新聞さいたま総局、埼玉新聞社、産経新聞さいたま総局

               テレ玉、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局

               NHKさいたま放送局、毎日新聞さいたま支局

               読売新聞さいたま支局、FM NACK5

2.見どころ

(1)県内の有数の優品を展示

 今回の企画展で取り上げる遺跡からは数々の優品が発見されています。展示では、祭祀などの特別な行為や儀礼に使われたとされる土偶や、低地部の調査により発見された漆塗りの櫛など県内有数の資料を一堂に会します。

(2)縄文時代後・晩期の集落像を探る

 埼玉県をはじめ東日本各地で確認されている「環状盛土遺構(かんじょうもりどいこう)」。これは、人々が同じ場所で生活するために盛土工事などの整地を繰り返し行ったことで生まれた高まりです。盛土の上には住居、墓地、祭祀場、水場などがそれぞれまとまりをもって作られるなど、当時の集落の空間を知ることのできる遺構ともいえます。展示では、埼玉県内で環状盛土遺構として認識されている遺跡とその出土資料を紹介します。

(3)当時の家の広さを実感

 展示室の床面に遺跡で発見された住居の平面図を再現。当時の住居の広さを実感してください。

3.関連事業

(1)展覧会スタンプラリー

 実施期間 平成29年2月25日(土曜日)~平成29年6月11日(日曜日)

 当館企画展「縄文の空間―暮らしと願い―」、さきたま史跡の博物館テーマ展「弥生の空間 実りと祈り」の2館の観覧で記念品をプレゼント

 ※展覧会期間中の開催

 当館 平成29年3月18日(土曜日)~平成29年5月7日(日曜日)

 さきたま史跡の博物館 平成29年2月25日(土曜日)~平成29年6月11日(日曜日)

(2)記念講演会「縄文人の世代を超えた長期戦略」

 講師 古谷  渉 氏(公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団)

 日時 平成29年4月15日(土曜日) 14時00分~15時30分

(3)展示解説

 3月18日(土曜日)、3月25日(土曜日)、4月8日(土曜日)、4月22日(土曜日)、5月7日(日曜日) いずれも13時30分~14時00分

 学芸員が展示解説を行います。申込は不要です。 

(4)公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団事業紹介

 期間 平成29年3月18日(土曜日)~平成29年5月7日(日曜日)

 会場 当館季節展示室

 埼玉県内の発掘調査を紹介します。

 

 ※詳細については、埼玉県立歴史と民俗の博物館ホームページ

 (http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/?page_id=491)を御覧ください。

 

県政ニュースのトップに戻る