Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年2月 > 平成29年4月1日付け組織・定数改正について

ここから本文です。

 

発表日:2017年2月13日15時

県政ニュース

平成29年4月1日付け組織・定数改正について

部局名:企画財政部
課所名:改革推進課
担当名:行政管理・出資法人等担当
担当者名:栫・髙橋・平岩

内線電話番号:2444
直通電話番号:048-830-2444
Email:a2440@pref.saitama.lg.jp

 平成29年度組織・定数改正では、「希望・活躍・うるおいの埼玉」の実現に向けた施策を着実に推進するため、組織体制を整備するとともに定数を重点的に配置します。

 一方、最少の経費で最大の効果を上げる「最小・最強の県庁」の実現に向け、事務事業や執行体制の見直しなどにより簡素で効率的な組織体制を構築します。 

1. 組織改正の概要 

【知事部局】 101課121所 → 102課121所 (+1課)

 ○ 医療人材課を新設

 ・ 医師・看護師確保や医師の地域偏在への対策などを強化するため、保健医療部に課を新設

 ○ 感染症対策幹を配置

 ・ 国際的なスポーツイベントの開催など外国との交流の増加に備え、感染症対策を一元的に統括するため、保健医療政策課に感染症対策幹を配置

【病院局】 2課4所 → 1課4所 (▲1課)

 ○ 小児医療センター建設課を廃止

 ・ 小児医療センターの新病院建設工事の終了に伴い課を廃止

2. 定数改正の概要 

【知事部局】 6,730人(±0人)

1 重点施策分野への主な定数配分

地域医療・介護体制の充実(14人)

 ・ 医師や看護師などを対象に実践的な研修を通じた人材育成を進めるため、医療人材課(地域医療教育センター)に1人増員(保健医療部)

 ・ 国民健康保険の財政運営の県への移管に備えるため、国保医療課に 2人増員(保健医療部) など

児童相談所の体制強化(6人)

 ・ 増加する児童虐待に対応するため、南、所沢、越谷の児童相談所に児童福祉司を6人増員(福祉部)

激甚化する水害への対応など危機への備えの強化(13人)

 ・ 不老川の河道の拡幅や新芝川の堤防強化などの治水対策を早期に進めるため、さいたま、川越、飯能の県土整備事務所に6人増員(県土整備部)

 ・ 災害対策の拠点となる県有施設の浸水対策等を進めるため、管財課に1人増員(総務部)

 ・ 市町村主体による自主防災組織の育成など、減災に向けた自助と共助の取組を強化するため、危機管理課に1人増員(危機管理防災部)など

オリンピック・パラリンピック、ラグビーワールドカップ開催準備の着実な推進(21人)

 ・ 東京2020オリンピック・パラリンピック開催準備のため、オリンピック・パラリンピック課に7人増員(県民生活部)

 ・ ラグビーワールドカップ2019開催準備のため、ラグビーワールドカップ2019大会課に5人増員(県民生活部)

 ・ ラグビーワールドカップ2019開催に向けて熊谷スポーツ文化公園の環境整備を進めるため、公園スタジアム課に3人増員(都市整備部)

 ・ SAITAMAプラチナルートをはじめ外国人観光客等の誘致を推進するため、観光課に1人増員(産業労働部) など

実効性ある少子化対策の更なる推進(4人)

 ・ 実効性のある少子化対策を総合的に推進するため、少子政策課に2人増員(福祉部)

 ・ 不妊検査・不妊治療を促進する等のため、健康長寿課に1人増員(保健医療部)

 ・ 多子世帯の新築住宅取得への助成などを実施するため、住宅課に1人増員(都市整備部) 

シニアの活躍推進(3人)

 ・ アクティブシニアの地域デビューへの支援を展開するため、共助社会づくり課に1人増員(県民生活部) 

 ・ アクティブシニアの就業支援などシニアの働く場の拡大を図るため、 シニア活躍推進課に1人増員(産業労働部) 

 ・ 健康長寿埼玉モデルを実施する市町村の拡大やコバトン健康マイレージの運用開始のため、健康長寿課に1人増員(保健医療部)

川の国埼玉の推進(4人)

 ・ 市町村主体の地域振興と連携した水辺空間の整備・拡充を図るため、水辺再生課及び県土整備事務所に4人増員(県土整備部)

儲かる農業の推進(14人)

 ・ 農業技術研究センターにおいて次世代技術の実証普及を推進するため、久喜試験場に4人増員(農林部)

 ・ 県内各地域の農地の集積・集約化を支援するため、農林振興センターに7人増員(農林部) など

2 簡素で効率的な組織体制の構築 

事務事業・執行体制の見直し

 ・ さいたまスーパーアリーナ、埼玉会館改修工事の終了に伴う減員(都市整備部)

 ・ 保健医療政策課政策幹を廃止(保健医療部) など

市町村への権限移譲

 ・ 農地転用許可事務の権限移譲に伴う減員(農林部)

 ・ 旅券事務の権限移譲に伴う減員(県民生活部)

民間開放

 ・ 感染症検査業務の民間委託に伴う減員(保健医療部)

 

【病院局】 2,363人 → 2,401人(+38人)

診療体制の充実(+72人)

 ・ 循環器・呼吸器病センターのハイブリッド手術室等の開設に伴う看護師等の増員

 ・ 小児医療センターの小児移植医療の開始に向けた医師の増員

 ・ 夜間・休日の診療体制の確保に伴う医師、看護師等の増員 など

事務事業・執行体制の見直し(▲34人)

 ・ 小児医療センター新病院建設工事の終了に伴う小児医療センター建設課の廃止

 ・ 病院建設部長を廃止 など

 

県政ニュースのトップに戻る