Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年2月 > 平成28年度「下總皖一音楽賞」の受賞者が決定しました―埼玉県ゆかりの音楽家を表彰―

ここから本文です。

 

発表日:2017年2月9日14時

県政ニュース

平成28年度「下總皖一音楽賞」の受賞者が決定しました―埼玉県ゆかりの音楽家を表彰―

部局名:県民生活部
課所名:文化振興課
担当名:文化振興担当
担当者名:滝田・川村

内線電話番号:2887
直通電話番号:048-830-2887
Email:a2875-04@pref.saitama.lg.jp

 日本近代音楽の基礎を作ったといわれる下總皖一(しもおさかんいち)の精神を受け継ぐ音楽家を表彰する「下總皖一音楽賞」の受賞者が決定しました。2月14日(火曜日)に表彰式を行います。

 受賞者は、「音楽文化発信部門」が雅楽奏者の安齋省吾氏、「音楽文化貢献部門」が音楽プロデューサーの和田タカ子氏です。 

表彰式の概要

1 日時

 平成29年2月14日(火曜日)9時50分~10時20分

2 会場

 知事公館中会議室

3 受賞者及び受賞理由

(1)音楽文化発信部門

 安齋省吾(あんざい しょうご)氏(69歳)

《雅楽奏者、越谷市在住》

【受賞理由】

 長年にわたり、宮内庁式部職楽部の一員として活躍。首席楽長を平成21年4月から平成25年3月まで4年間務め、退官。在職中は、国内外の演奏会、宮中祭祀にて雅楽、洋楽の演奏を行い、海外公演でも高い評価を得た。退官後も、雅楽の指導・演奏活動を行い、普及に尽力している。

(2)音楽文化貢献部門

 和田 タカ子(わだ たかこ)氏(70歳)

《音楽プロデューサー、和光市在住》

【受賞理由】

 オペラの素晴らしさを埼玉県から日本中に広めようと活動する「オペラ彩」を33年間率いて、日本を代表するオペラ団体に成長させた。

  ※ プロフィールは別紙(PDF:191KB)をご覧ください。

参考「下總皖一音楽賞」の概要

【創設】平成24年度(5回目)

【対象】本県ゆかりのプロの音楽家

【部門】

音楽文化発信部門

 国内外で幅広く活躍され、今後、さらなる活躍が期待できる方

音楽文化貢献部門

 長年にわたり、本県の音楽文化の向上に貢献されている方

【選考方法】下總皖一音楽賞選考委員会での審査を経て、埼玉県知事が決定

【選考委員会】金山茂人委員長((公社)日本演奏連盟専務理事)他5名

【過去の受賞者(敬称略)】

 24年度

 音楽賞:北原 幸男(指揮者)

 特別賞:持木 弘(声楽家)

 25年度

 音楽文化発信部門:坂本 朱(声楽家)

 音楽文化貢献部門:秋山 紀夫(吹奏楽指導者・指揮者)

 26年度

 音楽文化発信部門:佐藤 美枝子(声楽家)

 音楽文化貢献部門:松居 直美 (パイプオルガン奏者)

 27年度

 音楽文化発信部門:栗山 文昭(合唱指揮者)

 音楽文化貢献部門:國土 潤一(音楽評論家)  

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。