Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年2月 > 平成28年度 政策研究成果発表会「超高齢社会の包括的タウンマネジメント」「多様な働き方『埼玉スタイル』の推進」

ここから本文です。

 

発表日:2017年2月2日14時

県政ニュース

平成28年度 政策研究成果発表会「超高齢社会の包括的タウンマネジメント」「多様な働き方『埼玉スタイル』の推進」

課所名:彩の国さいたま人づくり広域連合
担当名:政策管理部
担当者名:清水・伊佐山

直通電話番号:048-664-6685
Email:jinzai03@hitozukuri.or.jp

 彩の国さいたま人づくり広域連合では、県・市町村・企業・NPO及び大学等が協働して埼玉の未来を共に考える「産民学官・政策課題共同研究」を行っています。

 今年度の研究成果を、埼玉の皆様へ、そして全国の皆様へ向け発表いたします。

 また、当日は本研究のコーディネーターである藤村龍至氏及び松元一明氏から本研究に関する解説をいただくほか、県内自治体等で実施している政策研究の成果なども発表します。

 多くの皆様のご来場を心よりお待ちしています。参加費無料、入退場自由です。 

1 日時

 平成29年2月10日(金曜日)10時00分~16時30分(開場9時30分) 

2 会場

 埼玉県県民健康センター2階 大ホール(さいたま市浦和区仲町3-5-1)

 ※会場へは公共交通機関をご利用ください。(JR浦和駅から徒歩15分) 

3 内容

(1)産民学官・政策課題共同研究の成果発表(彩の国さいたま人づくり広域連合)

テーマ1:「超高齢社会の包括的タウンマネジメント」

 [研究内容]超高齢社会に起因する諸課題が集中的に表れている郊外ニュータウンや団地を具体的なフィールドに、都市政策(空間的な面)、福祉政策(運営的な面)など単独では解決困難な課題を分野横断的かつ包括的に研究。

 [コーディネーター] 藤村 龍至 氏(東京藝術大学美術学部建築科准教授) 

テーマ2:「多様な働き方『埼玉スタイル』の推進」

 [研究内容]無業者のうち4分の1を占める就業希望者の希望を叶えるために、「若者」「子育て世代」「障害者」「高齢者」の4つのターゲット層を設定し、埼玉独自のオリジナリティあふれる政策提案を目指す「『働きたい』『働きやすい』『働いてほしい』を叶える『埼玉スタイル』」を研究。

 [コーディネーター] 松元 一明 氏(一般財団法人地域開発研究所 主任研究員) 

(2)県内自治体等の政策研究成果発表(県内自治体、神奈川県)

 ・新座市 ・久喜市

 ・埼玉県西部地域まちづくり協議会(所沢市、飯能市、狭山市、入間市)

 ・神奈川県政策研究・大学連携センター (※発表順)

4 定員

 200名(先着) 

5 申込方法・申込期限

(1)申込方法

 下記URLのチラシ又は応募用紙によりメール又はファックスでお申し込みください。

【お申し込み先】

 メール:jinzai03@hitozukuri.or.jp / ファックス:048-664-6667

【チラシ】

 http://www.hitozukuri.or.jp/jinzai/seisaku/kyodokenkyu/H28kyodokenkyu/28seikahappyo.pdf

【応募用紙】

 http://www.hitozukuri.or.jp/jinzai/seisaku/kyodokenkyu/H28kyodokenkyu/28seikahappyo.xlsx 

(2)申込期限

 平成29年2月8日(水曜日)
 

【参考1】「産民学官・政策課題共同研究」とは

 県・市町村・企業・NPO及び大学等の協働による「政策研究」です。様々な主体が集まり、埼玉の未来を共に考えていきます。産民学官それぞれの主体が持つ人材や情報、ノウハウ等を活用、組み合わせ、地域課題の解決に真に役立つ政策提言を行い、多様な主体の連携による新たな取組や行政の政策立案等を支援します。また、研究を通して、企画力や課題解決力等に優れた人材の育成を目指します。

 本政策研究は毎年5月にスタートし、成果発表までの約10か月間で10回程度の研究会やフィールドワークを経て、政策提言等をまとめています。 

【参考2】「産民学官・政策課題共同研究」コーディネーターのプロフィール

 テーマ1:超高齢社会の包括的タウンマネジメント

 藤村 龍至 氏(東京藝術大学美術学部建築科 准教授、RFA主宰)

【略歴】2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年より藤村龍至建築設計事務所(現RFA)主宰。2010年より東洋大学専任講師。2016年より東京藝術大学准教授。 

 テーマ2:多様な働き方「埼玉スタイル」の推進

 松元 一明 氏(一般財団法人地域開発研究所 主任研究員)

【略歴】法政大学大学院人間社会研究科博士後期課程修了。中野区政策研究機構研究員等を経て、2011年より地域開発研究所。法政大学現代福祉学部兼任講師、成蹊大学文学部非常勤講師、立教大学社会学部兼任講師等。

 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。