Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2017年1月 > 「ビルメンロボ」埼スタ・ウェスタ川越で試験 稼働中の公的施設 実証フィールドに全国初提供

ここから本文です。

 

発表日:2017年1月17日14時

県政ニュース

「ビルメンロボ」埼スタ・ウェスタ川越で試験 稼働中の公的施設 実証フィールドに全国初提供

部局名:産業労働部
課所名:先端産業課
担当名:推進担当
担当者名:小暮、宮武、德田

内線電話番号:3776
直通電話番号:048-830-3735
Email:a3760-04@pref.saitama.lg.jp

 埼玉スタジアム2002、ウェスタ川越の県有施設2施設を活用して、ビルの床面や窓の清掃を行うロボット(ビルメンテナンスロボット)の実証フィールドを全国で初めて開設します。

 これは、「先端産業創造プロジェクト」としてロボット産業の振興を図る埼玉県が、県有施設などをロボットの実証場所として提供する「ロボット実証フィールド事業」の一環として実施するものです。 

【実証フィールドの概要】

1 場所

(1)埼玉スタジアム2002(さいたま市緑区大字中野田500)

(2)ウェスタ川越(川越市新宿町1-17-17)

 ※ 会議室や廊下など指定する区域を使用します。

2 特徴

 稼働中の公的施設を活用したビルメンテナンスロボット実証フィールドの設置は、全国初の取組です。

 また、ビルメンテナンスの業界団体である公益社団法人全国ビルメンテナンス協会及び一般社団法人埼玉県ビルメンテナンス協会と連携し、利用者のニーズを踏まえた実証フィールドの運用を目指します。 

3 対象となるロボット

 床面清掃、窓清掃ロボット

 ※ 既に実用化されているロボットを対象とし、ロボットの実演・操作体験や運用技術の開発を行います。 

4 利用条件等

(1)利用対象

 ビルメンテナンスロボットの実証試験等を行いたい企業等

(2)利用日時

 施設の空き状況等に応じ、各施設管理者と調整の上決定

(3)利用料金

 利用時間や面積等に応じ、各施設管理者と調整の上決定

5 利用開始時期

 平成29年2月以降の開始を予定しています。詳細が決まり次第、県ホームページにてお知らせします。

(先端産業創造プロジェクト専用サイト)

 http://saitama-leading-edge-project.jp/news/archives/154  

6 期待される効果

(1)埼玉県が実証フィールドを積極的に提供し、企業の製品開発や事業化を支援することにより、県内ロボット産業の育成・集積を図ります。

(2)ビルメンテナンスロボットの現場への普及が進むことにより、人手不足が深刻なビルメンテナンス業界の従業員の負担軽減、生産性の向上につながります。 

【参考:開設記念イベントの開催】

 実証フィールドの開設を記念して、全国ビルメンテナンス協会の主催により実際に最新の業務用清掃ロボットの操作を体験できるイベントを開催します。

 (1)日時 平成29年2月17日(金曜日)13時~17時(予定)

 (2)場所 埼玉スタジアム2002施設内

 (3)対象 ビルメンテナンス協会会員企業に限定

 (4)内容 実証フィールドとなる施設の説明、ロボット操作体験

【問い合わせ先】

 埼玉県産業労働部先端産業課推進担当 小暮、宮武、德田

 電話:048-830-3735 ファックス:048-830-4816

 メール:a3760-04@pref.saitama.lg.jp

県政ニュースのトップに戻る