Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年12月 > 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」作品募集開始!

ここから本文です。

 

発表日:2016年12月26日14時

県政ニュース

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」作品募集開始!

部局名:産業労働部
課所名:商業・サービス産業支援課
担当名:映像コンテンツ担当
担当者名:荻野、大屋

内線電話番号:3734
直通電話番号:048-830-3734
Email:a3750@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県は、川口市等とともに、2004年から「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」を開催し、若手映像クリエイターの発掘・支援に取り組んでいます。

 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」のコンペティション作品の募集は、平成29年1月5日(木曜日)から開始します。 

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」の主な特徴

3部門設置の総合映画祭

 長編・短編・アニメーションの3部門を設置した総合映画祭です。

若手映像クリエイターの登竜門

 長編部門の応募は制作数4本以下の監督に限るなど、若手クリエイターのためのコンペティション映画祭です。過去の受賞者の中には、『凶悪』(2013年公開)『日本で一番悪い奴ら』(2016年公開)の白石和彌監督や『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年公開)の中野量太監督などがいます。

クリエイターの制作を支援

 各部門の優秀作品には、グランプリをはじめとする各賞のほか、彩の国ビジュアルプラザ内の映像制作支援施設の一定期間の利用を提供する「SKIPシティアワード」を授与し、クリエイターの次回作の制作支援を図ります。

作品募集概要

1 応募資格

(1)長編部門(国際コンペティション:日本作品、海外作品)

 ・デジタルで撮影・編集され、かつデジタルでの上映が可能な作品

 ・長編映画制作数が4本以下の監督の作品

 ・作品の長さが70分以上の作品

 ・平成28年1月1日以降に完成した作品

 ・本映画祭終了以前に日本国内で商業公開されていない作品

(2)短編部門(国内コンペティション:日本作品)

 ・日本作品(日本人が主体となって制作された作品)

 ・デジタルで撮影・編集され、かつデジタルでの上映が可能な作品

 ・作品の長さが15分以上30分以下の作品

 ・平成28年1月1日以降に完成した作品

 ・本映画祭終了以前に日本国内で商業公開されていない作品

(3)アニメーション部門(国内コンペティション:日本作品)

 ・日本作品(日本人が主体となって制作された作品)

 ・デジタルで撮影・編集され、かつデジタルでの上映が可能な作品

 ・作品の長さが30分以下の作品

 ・平成27年1月1日以降に完成した作品

 ・本映画祭終了以前に日本国内で商業公開されていない作品

2 募集期間 

 平成29年1月5日(木曜日)~平成29年3月1日(水曜日)必着

3 その他

 詳細はホームページで御確認ください。 http://www.skipcity-dcf.jp/

上映概要

 ノミネート作品は下記「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」で上映し、受賞作品を決定します。

1 開催時期

 平成29年7月15日(土曜日)~23日(日曜日) 9日間

2 会場

 SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 映像ホール 他

 ※川口市以外の会場でも上映を行います。

3 内容

 ・長編部門、短編部門、アニメーション部門のコンペティションを実施し、ノミネート作品を上映します。

 ・著名な映画人等による厳正な審査により、ノミネート作品の中から各賞受賞作品を決定します。

 ・コンペティション作品以外にも様々な企画上映や屋外でのイベントを実施します。

 

問合せ・応募先

 〒333-0844  埼玉県川口市上青木3-12-63 彩の国ビジュアルプラザ5F

 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局 

 電話: 048-263-0818 ファックス: 048-262-5635

県政ニュースのトップに戻る