Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年12月 > 県立さきたま史跡の博物館 ほるたま展2016「発掘!古の名品展PartⅡ+ほるたま動物のもり」を開催

ここから本文です。

 

発表日:2016年12月2日14時

県政ニュース

県立さきたま史跡の博物館 ほるたま展2016「発掘!古の名品展PartⅡ+ほるたま動物のもり」を開催

部局名:教育局
課所名:さきたま史跡の博物館
担当名:資料・展示担当
担当者名:鈴木

直通電話番号:048-559-1181
Email:k591111@pref.saitama.lg.jp

 県立さきたま史跡の博物館では、(公財)埼玉県埋蔵文化財調査事業団と共催で、ほるたま展2016「発掘!古(いにしえ)の名品展Part2.+(プラス)ほるたま動物のもり」を開催します。

 (公財)埼玉県埋蔵文化財調査事業団は、設立以来36年にわたり数多くの発掘調査を行ってきました。これらの調査の結果、多くの貴重な資料が蓄積されています。

 本年度も昨年度に引き続き、長年の発掘成果の中から、旧石器時代から江戸時代までの埼玉を通覧できる選りすぐりの資料を展示します。

1 主な展示内容

(1)異形台付(いけいだいつき)土器、蓮田市雅楽谷(うたや)遺跡出土

 まつり用につくられたと考えられている縄文時代後期の土器です。土器の全面に刻みや突起、透かし穴で装飾されていて不思議な形をしています。

(2)須恵器脚付長頸壺(すえききゃくつきちょうけいこ)、羽生市屋敷裏(やしきうら)遺跡出土

 脚の部分に円形、長方形、三角形の透かし穴が三方にあけられています。こうした形の須恵器は珍しく、特にこの資料は形の整った優品です。

(3)ほるたま動物のもり

 このコーナーでは、遺跡から出土した動物をモチーフにした資料を紹介しています。縄文時代の犬の形をした土製品(加須市長竹(ながたけ)遺跡)や古墳時代の水鳥形の埴輪(加須市小沼耕地(こぬまこうち)遺跡)などを展示します。

 (※資料総数 103点)

2 会期

 平成28年12月10日(土曜日)~平成29年2月12日(日曜日)

3 開館時間・休館日

 開館時間 9時00分~16時30分

 休館日 月曜日(1月9日は除く。)12月29日~1月3日

4 会場

 県立さきたま史跡の博物館 企画展示室

5 観覧料等

 一般200円(120円)、高校生・学生100円(60円)

 (中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(付添1名含む)は無料)

 ※( )内は20名以上の団体料金

6 関連事業

 さきたま講座 考古学講座(6) 「旧石器時代の高原と平野のくらし」

 講師 坂下貴則(さかしたたかのり)氏(埼玉県埋蔵文化財調査事業団)

 日時 平成29年1月14日(土曜日) 13時30分~15時30分(予定)

 場所 県立さきたま史跡の博物館 講堂

7 問い合わせ先

 県立さきたま史跡の博物館 資料・展示担当

 〒361-0025 行田市埼玉4834

 電話:048-559-1181 FAX:048-559-1112

 ホームページ:http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/

 

県政ニュースのトップに戻る