Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年10月 > 「エステ感覚で気軽に美容医療」は慎重に! -無料カウンセリングで高額な施術契約ー

ここから本文です。

 

発表日:2016年10月28日14時

県政ニュース

「エステ感覚で気軽に美容医療」は慎重に! -無料カウンセリングで高額な施術契約ー

部局名:県民生活部
課所名:埼玉県消費生活支援センター
担当名:相談担当
担当者名:鈴木

直通電話番号:048-261-0978
Email:m430877@pref.saitama.lg.jp

 手術を伴う美容整形外科だけでなく、しわやシミなど皮膚トラブルの改善を図る美容皮膚科、脱毛、審美歯科などの美容を目的とした「美容医療サービス」の施術に関する相談が増えています。

 近頃では、容姿で気になる点についてエステ感覚で気軽に美容医療を勧める広告が多くなっていますが、美容医療は自由診療の医療行為に当たります。また、その効果は保証されるものではありません。

 県内の消費生活相談窓口では、美容医療に関する相談が今年度9月末時点で66件に上っており、前年度同時点の50件と比べ16件32%増えています。

 内容は、無料のカウンセリングに行ったところ、高額な契約を急がされてその場で施術となったが納得できる効果が得られない、という相談が目立ちます。

 県消費生活支援センターでは、事前に医師から施術内容や効果について詳細な説明を受け、いったん持ち帰り価格や結果の見通し等について十分納得してから契約することをアドバイスしています。

 ●受付相談の概要

 (相談件数)

 *平成28年度9月末現在66件

 (前年度9月末時点50件、前年度末時点113件)

 (相談内容)

 *施術内容は、美容整形、しわ取り、シミ取り、脱毛、包茎など

 *トラブルの内容は、施術不良26件、解約23件、高価格・料金20件、返金17件、皮膚障害14件などとなっている。(複数選択項目)

 *具体的には、「説明されたような施術結果が得られない」「カウンセリングを受けるつもりで訪問したが、当日高額な施術契約を急がされた」といった相談が目立つ。

 (契約者の年代別・性別)

 *契約者の年代

 ・20歳代が24件(36.4%)で一番多く、次いで30歳代が17件(25.8%)、40歳代が14件(21.2%)となっている。

 *契約者の性別

 ・女性51件、77.3%、 男性15件、22.7% 

 (契約金額)

 *「10万円以上~50万円未満」が23件(34.8%)が一番多く、次いで「50万円以上~100万円未満」が16件(24.2%)となっている。100万円以上の契約も11件(16.7%)ある。

 ●相談事例

 ・インターネットで「簡単な注射で顔痩せできる」という美容外科を見つけ、無料カウンセリングを受けるつもりで行ったところ、カウンセラーに「注射では効果がない。フェイスラインのリフトアップはどうか」と熱心に勧められ、断れずに申し込んだ。

 この日に手術を受けることになり、手術代50万円を24回払いで契約した。

 手術から3か月経つが、説明されたような効果がない。返金してほしい。

 (20歳代、女性)

 ・近所の病院で脱毛キャンペーンをしているというので、電話で医療脱毛のカウンセリングを予約した。当初カウンセリングだけのつもりだったが、今日まで通常価格の50%の35万円で受けられると言われ契約した。

 この日は時間がなかったが、腕と脚だけでもと言われ、施術を受けて帰った。

 その後も病院のホームページではキャンペーン価格がずっと続いていた。施術を急がされたことに不信感を持ったので、この後の施術を解約したい。

 (30歳代、女性) 

 ●消費者へのアドバイス

(1)美容医療は高額なものが多く、思うような効果がない場合もあることを念頭に、自分にとって本当に必要かよく考える。

(2)契約内容、解約方法、費用総額や施術内容、施術結果の見通し等について、医師や医療機関に事前によく確認する。

(3)その場で施術や契約、予約を勧められても、一旦家に書類等を持ち帰り、他の医療機関のサービス内容や価格について比較検討する。

(4)トラブルの発生に備えて、施術前と後の写真を撮り、医師・医療機関の説明など各種資料を保管しておく。

 ●相談先

 消費者ホットライン及び県消費生活支援センターの相談窓口は下記のとおりです。

 消費者ホットライン【全国共通】188(いやや)

 消費生活支援センター(川口) 048-261-0999

 消費生活支援センター川越 049-247-0888

 消費生活支援センター春日部 048-734-0999

 消費生活支援センター熊谷 048-524-0999

 【相談時間】月・火・水・木・金(※川口は土も受付) 午前9時~午後4時

 ※ このほか、公益社団法人日本美容医療協会の夜間電話相談(毎週木曜19時00分~20時30分、電話番号03-3239-9710)もあります。

 

県政ニュースのトップに戻る