Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年9月 > 「古典の日」記念事業を開催します「芸術文化ふれあい交流フェア」と「古典の日記念講演会」参加者募集

ここから本文です。

 

発表日:2016年9月27日14時

県政ニュース

「古典の日」記念事業を開催します「芸術文化ふれあい交流フェア」と「古典の日記念講演会」参加者募集

部局名:教育局
課所名:生涯学習文化財課
担当名:芸術文化推進担当
担当者名:亀山

内線電話番号:6921
直通電話番号:048-830-6921
Email:a6910-02@pref.saitama.lg.jp

 伝統文化や現代的な芸術文化といった様々なジャンルの文化芸術を1日で鑑賞・体験できる「芸術文化ふれあい交流フェア」と、万葉集についての「古典の日記念講演会」を、11月1日の「古典の日」記念事業として同時開催します。開催に当たり、10月3日(月曜日)から参加の事前申込の受付を開始します。

 茶道や日本舞踊などの体験メニューに加え、今年度はユネスコ無形文化遺産に登録された「細川紙」の手漉き体験を実施します。

 子供から大人まで、誰でも楽しめる内容となっています。芸術の秋、御家族・御友人などをお誘い合わせの上、御参加ください。 

芸術文化ふれあい交流フェア

1 イベント概要

 日時 平成28年11月26日(土曜日)10時00分~16時30分

 会場 さいたま文学館・桶川市民ホール、桶川駅西口公園、桶川マイン3階OKEGAWAhon プラス イベントスペース

 ※ 雨天の場合は、桶川駅西口公園での催し物は中止となります。

 費用 入場無料

 ※ 茶道体験については実費100円

 「細川紙」手漉き体験については実費500円 

2 内容

 様々な分野の芸術文化の体験型ワークショップや鑑賞、「細川紙」関連の展示及び障害者アートの展示、創作短歌の表彰式を開催します。

 さいたま文学館・桶川市民ホールでは茶道体験や日本舞踊体験、「細川紙」手漉き体験などの体験型ワークショップを中心としたメニュー、桶川駅西口公園では大学生を中心とした公募団体による和太鼓の演奏や吹奏楽などの鑑賞メニュー、桶川マイン3階OKEGAWA hon プラス イベントスペースでは朗読劇や紙芝居などの鑑賞メニューを実施します。その他、ロシア民俗舞踊の披露や高校生によるマンドリンの演奏などもあり、盛りだくさんの内容となっております。

 1日で様々なジャンルの芸術文化を鑑賞・体験できる機会となっています。 

さいたま文学館・桶川市民ホール 

催し物

備考

事前申込

ふれあい短歌賞表彰式

 

-

マンドリンの演奏

 

-

万葉集についての講演会

 

茶道体験

実費負担100円

ロシア民俗舞踊の披露

 

-

ユネスコ無形文化遺産「細川紙」展示

 

-

ユネスコ無形文化遺産「細川紙」手漉き体験・実演

体験については、実費負担500円

-

折り紙の展示

 

-

細川紙を使った折り紙体験

 

フラダンス体験・実演

 

(体験のみ)

日本舞踊体験

 

百人一首かるた取り体験

 

-

箏の体験

 

三曲(箏、三絃、尺八)と日本舞踊のコラホ゛レーション

 

-

洋舞(モダンダンス)体験

 

  

桶川駅西口公園

催し物

備考

事前申込

和太鼓の演奏

 

-

大道芸(バルーンアート)

 

-

三曲(箏、三絃、尺八)の演奏

 

-

ジャグリングの披露

 

-

ダンスの披露

 

-

合唱の披露

 

-

マーチング・カラーガードの披露

 

-

  

桶川マイン3階OKEGAWA hon プラス イベントスペース

催し物

備考

事前申込

大道芸

 

-

紙芝居の鑑賞

 

-

朗読劇の鑑賞

 

-

朗読劇と洋舞(モダンダンス)のコラホ゛レーション

 

-

障害者アートの展示

 

-

  

※ 10月3日(月曜日)から事前申込の受付を開始するのは「事前申込 要」のみです。

 その他の催し物については、事前申込の必要はありません(当日受付)。 

3 事前申込方法及び問い合わせ先

 10月3日(月曜日)午前9時から県生涯学習文化財課(芸術文化推進担当)に電話で申込みください(先着順)。

 電話:048-830-6921

  

古典の日記念講演会(さいたま文学館主催)

1 イベント概要

 日時 平成28年11月26日(土曜日)15時00分~16時30分

 会場 さいたま文学館 文学ホール

 費用 無料 

2 内容

 万葉集についての講演

 講師:國學院大學 名誉教授 辰巳 正明(たつみ まさあき)氏 

 ※ 講演の詳細な内容についてのお問い合わせは、さいたま文学館にお問い合わせくださるようお願いします。

 電話(さいたま文学館):048-789-1515 

3 事前申込方法及び問い合わせ先

 10月3日(月曜日)午前9時から県生涯学習文化財課(芸術文化推進担当)に電話で申込みください(先着順)。

 電話:048-830-6921 

 ※「古典の日」とは、国民が優れた価値を有している古典に親しむことを目的として、平成24年9月に制定されました。

 古典の日の日付は、「紫式部日記」によって源氏物語の存在が確認できる最古の日付である寛弘5年(西暦1008年)11月1日にちなんでいます。

県政ニュースのトップに戻る