Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2016年9月16日14時

県政ニュース

埼玉砂防100年シンポジウムの開催

部局名:県土整備部
課所名:河川砂防課
担当名:総務・団体担当
担当者名:金子、堀本

内線電話番号:5126
直通電話番号:048-830-5125
Email:a5120-09@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県治水砂防協会(事務局 埼玉県県土整備部河川砂防課)では、本県の砂防事業100年を記念して、県民の土砂災害への理解を深めることを目的に、シンポジウムを開催します。

 午前の部は「現地見学会」として県内の砂防事業に関わる施設を巡り、午後の部を「これからの砂防を考える」として、講演・パネルディスカッションを行います。 

1 概要

平成28年10月22日(土曜日)

午前の部 午前9時30分から午後1時まで

 現地見学会[栗尾沢砂防堰堤群(小鹿野町)・合角ダム(秩父市)]

 マイクロバスで、県内の砂防事業に関わる施設を巡ります。

 集合場所 秩父市役所 歴史伝承館前駐車場(秩父市熊木町8-15)

 定員50名(先着順、まちづくり、防災に興味のある学生対象)

 ※引き続き午後の部も参加となります。

午後の部 午後1時から午後5時まで

 防災セミナー 

 会場 県立秩父農工科学高等学校体育館(秩父市大野原2000)

 定員300名

   ※午後の部のみの参加も可 

2 シンポジウムの内容

オープニング 秩父農工科学高等学校 吹奏楽部・秩父屋台囃子保存部

 講演(1) 岡本正男(全国治水砂防協会理事長)

 講演(2) 寺川奈津美(気象予報士)

パネルディスカッション

 <パネリスト>

 (1)久喜邦康(埼玉県治水砂防協会会長・秩父市長)

 (2)西山幸治(国土交通省砂防部長)

 (3)檜垣大助(弘前大学農学生命科学部教授) 

 (4)奈良岡希実子(気象予報士・キャスター)

 (5)三上幸三(広島県土木建築局長)

 (6)新井伸二(埼玉県秩父県土整備事務所長)

 <コーディネーター> 

 岩谷忠幸(特定非営利活動法人気象キャスターネットワーク副代表)

 

【参考】

「埼玉砂防100年シンポジウム」~これからの安全・安心な暮らしを考える~
 リンク切れのため削除しました。

お問い合わせは、埼玉県治水砂防協会事務局

(埼玉県県土整備部河川砂防課内)電話048-830-5125

県政ニュースのトップに戻る