Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年9月 > 県立さきたま史跡の博物館 企画展「埼玉の古墳1-比企・入間-」の開催

ここから本文です。

 

発表日:2016年9月15日14時

県政ニュース

県立さきたま史跡の博物館 企画展「埼玉の古墳1-比企・入間-」の開催

部局名:教育局
課所名:さきたま史跡の博物館
担当名:資料・展示担当
担当者名:鈴木・末木

直通電話番号:048-559-1181
Email:k591111@pref.saitama.lg.jp

 県立さきたま史跡の博物館では、今年度から3回に分けて県内の古墳を地域ごとに紹介する企画展を開催します。1回目となる今年度は「比企・入間地域」を取上げます。

 この地域は、埼玉県の古墳時代の始まりを語るうえで欠かせない古墳が確認されています。玉作りの遺跡も発見されていて、北武蔵で中心的な役割を担う勢力が存在していたと考えられます。また、凝灰岩(ぎょうかいがん)の丘陵に営まれる大規模な横穴墓群は他の地域では見られないものです。

 こうした比企・入間地域の特徴が形成されていった背景について、近年の研究成果を踏まえながら紹介してまいります。 

 

1 開催期間

 平成28年9月17日(土曜日)~11月14日(月曜日)

 9時00分~16時30分(最終入館は16時00分まで)

 休館日:月曜日(9月19日、10月10日、11月14日は開館)

 

2 会場

 県立さきたま史跡の博物館 企画展示室

 (行田市埼玉4834)

 

3 展示資料総数 

 県指定文化財2点を含む、138点

 

4 主な展示内容

(1)古墳の出現-前方後方墳から始まった- 

 比企・入間地域にある県内最古級の古墳から出土した資料を展示します。この時期の古墳は前方後方墳であることが特徴です。

 ※主な展示資料

 根岸稲荷神社古墳(東松山市)・・・弥生時代の特徴を残す壺

 三ノ耕地遺跡(吉見町)・・・底に穴があけられた小型壺

 権現山古墳群2号墳(ふじみ野市)・・・・底を打ち欠いた大型の壺(埼玉県指定文化財)

 

(2)玉作りのムラ

 古墳に数多く副葬されている玉は、政治的、宗教的にも重要なものでした。 

 比企地域では、玉作りに関係する重要な遺跡が見つかっています。

 ※主な展示資料

 反町遺跡(東松山市)・・・水晶製勾玉未製品

 正直遺跡(川島町)・・・管玉の未製品や砥石

 

(3)鏡と埴輪 

 鏡は地域の首長層にとって畿内の王権との結びつきを示すものとして特別な意味を持っていました。また、埴輪も畿内から各地へと伝わったものです。比企・入間地域では、多くの鏡や県内でも古い段階の埴輪が出土しています。

 ※主な展示資料

 高坂8号墳(東松山市)・・・三角縁陳氏作四神二獣鏡(さんかくぶちちんしさくししんにじゅうきょう)

 三変稲荷神社古墳(川越市)・・・鼉竜鏡(だりゅうきょう)

 

(4)群集墳に葬られた人々-武器と馬具- 

 古墳時代後期になると小規模な円墳が密集してつくられるようになります。こうしてできた古墳群を群集墳と呼び、比企丘陵や越辺川流域にも多くの群集墳があります。

 ※主な展示資料

 古凍古墳群(東松山市)・・・まとまって出土した馬具(埼玉県指定文化財)

 新町9号墳(坂戸市)・・・・ひと塊で出土した60本ほどの鉄鏃

 

(5)古墳の終末と横穴墓群 

 県内には15カ所の横穴墓が知られていますが、このうち12カ所が比企・入間地域にあり、この地域を特徴づける墓制といえます。

 主な展示資料

 吉見百穴(吉見町)・・・大刀、耳環、勾玉

 滝之城横穴墓群(所沢市)・・・・ガラス製小玉、耳環

 

5 観覧料

 一般200円(120円)、学生100円(60円)

 ※( )内は20名以上の団体料金

 中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(付添1名含む)は無料
6 関連事業

(1)講座(1)

 演題:「東松山市高坂の三角縁神獣鏡と埼玉の鏡」

 講師:上野 祥史(うえの よしふみ)氏(国立歴史民俗博物館准教授)

 ア 日時 10月8日(土曜日)13時30分~15時30分

 イ 場所 県立さきたま史跡の博物館 講堂

 ウ 定員 70名

 エ 申込み 9月1日(火曜日)9時00分から電話、ファックス、又は当館ホームページから電子申請で申込み(先着順)

 オ 費用 観覧料

 

(2)講座(2)

 演題:「東松山市柏崎権現塚古墳の水鳥埴輪-埴輪祭祀体系の中の『水鳥』-」

 講師:利根川 章彦(とねがわ あきひこ)氏(日本考古学協会員)

 ア 日時 11月5日(土曜日)13時30分~15時30分

 イ 場所 県立さきたま史跡の博物館 講堂

 ウ 定員 70名

 エ 申込み 10月1日(木曜日)から電話、ファックス、又は当館ホームページから電子申請で申込み(先着順)

 オ 費用 観覧料

 

(3)学芸員による展示解説

 ア 日時 企画展開催期間中の毎週日曜日13時30分~14時00分

 イ 場所 県立さきたま史跡の博物館 企画展示室

 ウ 申込み 当日先着順

 エ 費用 無料

 

7 問い合わせ先

 県立さきたま史跡の博物館 資料・展示担当 鈴木・末木

 電話:048-559-1181

 FAX:048-559-1112

 ホームページ→http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/

 【参考:写真(PDF:152KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。