Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年9月 > 救急の日(9月9日)に県内一斉PRを実施~県内主要58駅で救急車の適正利用や救急電話相談をPRします~

ここから本文です。

 

発表日:2016年9月2日14時

県政ニュース

救急の日(9月9日)に県内一斉PRを実施~県内主要58駅で救急車の適正利用や救急電話相談をPRします~

部局名:保健医療部
課所名:医療整備課
担当名:地域医療対策担当
担当者名:髙野

内線電話番号:3559
直通電話番号:048-830-3559
Email:a3530-02@pref.saitama.lg.jp

 9月9日「救急の日」に、県内主要駅58駅で救急車の適正利用や医療機関の適正受診について、一斉PRを行います。

救急の日(9月9日)一斉PRの概要

1 日時

 平成28年9月9日(金曜日) 原則として午前7時から午前8時に実施
(雨天の場合は9月13日(火曜日)に延期)

 

2 場所

 県内主要58駅(別添「一斉PR実施駅一覧」(PDF:114KB)参照)の駅改札付近
※一斉PRの実施に当たり、県内鉄道事業者6社に御協力をいただいています。

  

東日本旅客鉄道株式会社、東武鉄道株式会社、西武鉄道株式会社、
埼玉新都市交通株式会社、首都圏新都市鉄道株式会社、秩父鉄道株式会社

 

 

3 内容

 救急医療関係行政機関(45機関)が参加して、下記の内容を県民に呼びかけます。

 

<PR概要>

 「2分に1回」、これは埼玉県内で救急車が出動している回数です。
症状に緊急性がなくても、「交通手段がない」「どこの病院に行けばよいかわからない」と救急車を呼ぶ人がいます。
   「平日は休めない」「日中は用事がある」「明日は仕事」と、緊急性がないのに救急外来を夜間や休日に受診する人もいます。

 救急車や救急医療は限りある資源です。いざというときの皆さん自身の安心のために、救急車の適正利用や救急医療機関の適正受診をお願いします。
   また、医療機関を受診すべきか迷ったときは、埼玉県の救急電話相談を御利用ください。大人は#7000、小児は#8000です。看護師の相談員がアドバイスしますので、お気軽にお電話ください。

 

4 配布物

 キャンペーンメッセージ入りティッシュの配布(80、000個配布を予定)

160902-0502160902-0503

 

5 参考

(1)大人の救急電話相談(#7000)

 ア 電話番号
#7000(NTTプッシュ回線、ひかり電話、携帯電話を御利用の場合)
048-824-4199(ダイヤル回線、IP電話、PHSを御利用の場合)

 イ 相談時間
平日(月~土) 18時30分~22時30分
休日(日・祝・コ゛ールテ゛ンウィーク・年末年始) 9時~22時30分

 

(2)小児救急電話相談(#8000)

 ア 電話番号
#8000(NTTプッシュ回線、ひかり電話、携帯電話を御利用の場合)
048-833-7911(ダイヤル回線、IP電話、PHS等を御利用の場合)

 イ 相談時間
平日(月~土) 19時~翌朝7時
休日(日・祝・年末年始) 7時~翌朝7時

 

(3)救急の日とは 
   救急医療や救急業務に対する正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的に、国、都道府県、市町村、公益社団法人日本医師会、全国消防長会等が主催し、9月9日を「救急の日」としています。9月9日を含む1週間(今年は9月4日から10日まで)は「救急医療週間」となっています。

 

6 問合せ先

(1)救急電話相談について
保健医療部医療整備課 地域医療対策担当 髙野・中村
電話:048-830-3559

(2)救急車の適正利用について
危機管理防災部消防防災課 消防・調整担当 関根
電話:048-830-8151

 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。