Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年9月 > 救急医療を大幅に改善した功労者等を表彰します

ここから本文です。

 

発表日:2016年9月2日14時

県政ニュース

救急医療を大幅に改善した功労者等を表彰します

部局名:保健医療部
課所名:医療整備課
担当名:地域医療対策担当
担当者名:髙野・島元

内線電話番号:3559
直通電話番号:048-830-3559
Email:a3530-02@pref.saitama.lg.jp

 本県の救急搬送人員は年々増加しており、平成27年中の救急搬送人員は約28万4千人で過去最高を記録しています。

 このような状況の中で救急医療の更なる充実を図るためには、救急搬送の迅速化や受入医療機関の整備・充実、適正受診の推進に努めることに加え、救急医療に対する医療関係者の意識の高揚が不可欠です。

 そこで県では、搬送時間を最も短縮した消防本部や、救急患者受入件数、受入率を大幅に改善した医療機関(各々上位3位以内の実績があるもの)及び個人などに対して次のとおり表彰を行います。

 なお、本表彰は9月9日の「救急の日」に合わせ、毎年9月に行っています。

 1 主催

 埼玉県、一般社団法人埼玉県医師会

 2 日時

 平成28年9月5日(月曜日) 午後1時30分~午後2時15分

 3 場所

 知事公館 1階 大会議室

 4 出席者

 埼玉県知事、埼玉県医師会長、受賞者(知事表彰14名、県医師会長表彰22名) 

5 知事表彰受賞者

(1)救急医療優良団体【1団体】

 搬送時間短縮:坂戸・鶴ヶ島消防組合消防本部(以下、敬称略)

(2)救急医療功労医療機関【8医療機関】( )内は所在地

ア 受入件数改善部門

 医療法人社団協友会彩の国東大宮メディカルセンター(さいたま市)

 医療法人秀和会秀和総合病院(春日部市)

 医療法人社団愛友会上尾中央総合病院(上尾市)

 イ 受入率改善部門

 医療法人社団協友会彩の国東大宮メディカルセンター(さいたま市)※再掲

 医療法人社団堀ノ内病院(新座市)

 社会医療法人社団新都市医療研究会[関越]会関越病院(鶴ヶ島市)

 ウ 特殊救急(耳鼻咽喉科)部門

 登坂耳鼻咽喉科医院(越谷市)

 埼玉医科大学病院(毛呂山町)

 エ その他部門(救命救急センター)

 埼玉医科大学国際医療センター(日高市)

(3)救急医療功労者【5名】

 瀬山 雅博 皆成病院(深谷市)

 高元 俊彦 草加市立病院(草加市)

 秦 怜志 医療法人豊仁会三井病院(川越市)

 森田 仁士 医療法人財団ヘリオス会ヘリオス会病院(鴻巣市)

 森本 義博 小川赤十字病院(小川町) 

(参考)埼玉県医師会長表彰受賞者

(1)救急医療功労医療機関【4医療機関】

 医療法人刀水会齋藤記念病院(川口市)

 社会医療法人財団石心会埼玉石心会病院(狭山市)

 獨協医科大学越谷病院(越谷市)

 医療法人財団明理会春日部中央総合病院(春日部市)

(2)救急医療功労者【17名】

 桐澤 重彦 キリサワ産婦人科クリニック(さいたま市)

 小杉 宗久 小杉小児科クリニック(さいたま市)

 池袋 賢一 医療法人社団誠弘会池袋病院(川越市)

 飯田 宏 飯田医院(熊谷市)

 飯野 朗子 医療法人三健会飯野医院(蕨市)

 橋本 昌明 はしもと整形・形成外科(鴻巣市)

 江口 謙一 江口医院(上尾市)

 浅野 修 医療法人わかば会宮戸クリニック(朝霞市)

 寺師 良樹 寺師医院(入間市)

 丸山 元孝 医療法人丸山内科クリニック(坂戸市)

 齋藤 活人 医療法人鳩山第一クリニック(鳩山町)

 益子 研土 医療法人社団益子会児玉中央病院(本庄市)

 平澤 邦夫 深谷赤十字病院(深谷市)

 湯橋 崇幸 医療法人十善病院(加須市)

 成田 例弘 医療法人成蹊会成田レディスクリニック(蓮田市)

 保坂 浩史 医療法人慈弘会岩槻中央病院(さいたま市)

 堀中マツエ 医療法人幸仁会堀中病院(幸手市)

(3)救急医療搬送業務功労機関【1機関】

 さいたま市消防局

 (参考)救急の日とは

 救急医療や救急業務に対する正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的に、国、都道府県、市町村、公益社団法人日本医師会、全国消防長会等が主催し、9月9日を「救急の日」としています。9月9日を含む1週間(今年は9月4日から10日まで)は「救急医療週間」となっています。

 

 

県政ニュースのトップに戻る