Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年8月 > 自殺予防週間における普及啓発活動の実施について

ここから本文です。

 

発表日:2016年8月31日15時

県政ニュース

自殺予防週間における普及啓発活動の実施について

部局名:保健医療部
課所名:疾病対策課
担当名:精神保健担当
担当者名:石鍋・三原田

内線電話番号:3565・3566
直通電話番号:048-830-3565
Email:a3590@pref.saitama.lg.jp

 平成28年4月1日に施行された改正自殺対策基本法では、9月10日~16日を「自殺予防週間」と定め、啓発活動を広く展開することとしています。

 県では「自殺予防週間」に合わせ、相談できる窓口の周知を図るとともに、県民の自殺対策への関心を高めるため、JR東日本(株)、さいたま市との共催により、県内で一番利用者数が多い大宮駅で下記のとおり普及啓発活動を実施します。

1 街頭啓発キャンペーン     

 (1)日時:平成28年9月9日(金曜日)午前8時30分~ 

 (2)場所:JR大宮駅構内

 (3)配布物:啓発用相談カード( 「体と心のチェックリスト」や「自殺予防のための行動」、相談機関の連絡先※を掲載した名刺サイズ(三つ折り)のカード)、埼玉県自殺予防キャンペーン用グッズ(ボールペン)を配布(3,000セット)

 ※連絡先

 埼玉県立精神保健福祉センター (048-723-1111)

 さいたま市こころの健康センター (048-851-5665)

 暮らしとこころの総合相談会 (048-782-4675)

 埼玉いのちの電話 (048-645-4343)

 内閣府「こころの健康相談統一ダイヤル」 (0570-064-556)

 (4)参加者:埼玉弁護士会会員、埼玉県司法書士会会員、自殺対策に取り組む団体(夜明けの会、埼玉いのちの電話)、JR東日本社員、さいたま市職員、県職員

2 自殺予防動画広告キャンペーン 

 (1)日時:9月1日(木曜日)~9月30日(金曜日)

 (2)場所:JR大宮駅構内デジタルサイネージ(電子看板)

 

 9月10日の予防週間に先駆けて、18歳以下の自殺が最も多い9月1日から、自分の体と心の限界について感じてもらう動画や相談先の電話番号が表示された動画をJR大宮駅構内のデジタルサイネージで放映することで県民の気づきを促し、相談・治療等につなげ自殺予防を図ります。

160831-0501

 稼働時間5時00分~24時00分、全体ロール6分、放映回数約5,100回/月、コンテンツ秒数15秒

160831-0502

お問い合せ

    保健医療部疾病対策課総務・精神保健担当 電話:048-830-3565 石鍋・三原田

 

 

県政ニュースのトップに戻る