Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年8月 > 平成27年度子どもスマイルネットの運営状況について―子供の権利侵害などの電話相談が3,933件―

ここから本文です。

 

発表日:2016年8月29日14時

県政ニュース

平成27年度子どもスマイルネットの運営状況について―子供の権利侵害などの電話相談が3,933件―

部局名:福祉部
課所名:こども安全課
担当名:児童権利擁護担当
担当者名:後藤

直通電話番号:048-834-8755
Email:a3340-02@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県子どもの権利擁護委員会(愛称「子どもスマイルネット」)は、平成14年度に都道府県では全国で初めて条例により設置された、子供を権利侵害から救済する機関です。いじめや体罰など権利侵害に悩む子供や親などからの相談を受け、公平で専門的な立場から子供自身の声を聴き、関係機関への調査や働き掛けを行っています。

 平成27年度の運営状況を取りまとめたので公表します。 

1 電話相談の状況

電話相談件数は3,933件で、そのうち子供からの相談は1,110件(全体の約28%)でした。

最も多かった相談は、家庭環境や子供の性格・行動、養育不安など、大人からの「子育て」に関する相談1,633件(全体の約42%)でした。

「子育て」の次に多かった相談は「思春期」に関する相談623件(全体の約16%)で、うち子供本人からの相談が528件でした。

権利侵害に関わる相談では、「いじめ」に関する相談が81件、「虐待」に関する相談が47件、「体罰」に関する相談が7件ありました。

 

いじめ

体罰

虐待

不登校

学校の対応等

交友

関係

思春期

問題

子育て

その他

合計

 81

 7

47

114

132

235

623

1,633

1,061

3,933

2.1%

0.2%

1.2%

2.9%

3.4%

6.0%

15.8%

41.5%

27.0%

100%

子供

 34

1

12

27

27

135

528

-

346

1,110

 3.1%

0.1%

1.1%

2.4%

2.4%

12.2%

47.6%

-

31.2%

100%

 

※下段は、子供本人からの相談件数を再掲

2 委員会による調査・調整の状況

いじめや体罰など権利侵害に関わる救済を求める相談については、調査専門員(大学教員)が面接相談を行っています。

 新規の面接相談は、いじめ6件、体罰1件、虐待1件、学校の対応関係等4件、計12件でした。

前年度から継続している6件と合わせた18件について、委員会での審議を踏まえ、調査専門員が相談者との面談や、学校など関係機関への調査・調整を繰り返し行いました。

 その結果、18件のうち11件に改善などが見られ、相談者の意思を確認のうえ、終結となりました。

終結した事案の例

 相談者:小学校高学年の母親

 内容:クラスの子から蹴られるなどのいじめを受けていて、怖くてクラスに入っていけなくなってしまった。安心して学校に通えるようにしてほしい。

 対応:本児との面談9回、学校訪問8回実施。

 校長、教頭、担任との面談を重ね、本児の事実認識及び被害感情を伝えるとともに状況確認を行った。学校へは本児の特性への理解を踏まえた対応等を、本児へは嫌なことが起きた際の対処方法についての助言した。学校は管理職を含むチームとして丁寧な対応に取り組み、相手児童に対しても根気よく指導を継続した。

 その結果、学校の指導や配慮等及び本児の心の成長により卒業式を迎え、嫌なことが減ったことなどを本児との面談で確認できたため、終結となった。 

 運営状況の詳細については、埼玉県のホームページから御覧いただけます。

 平成27年度埼玉県子どもの権利擁護委員会運営状況報告書

 

いじめや体罰をはじめ子供に関する悩みは、遠慮なく「子どもスマイルネット」へご相談ください。

 相談専用電話番号 048-822-7007

 祝日、年末年始を除く毎日 午前10時30分から午後6時まで

県政ニュースのトップに戻る