Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年8月 > 知事の「とことん訪問」を実施します!-春日部市・吉川市を訪問-

ここから本文です。

 

発表日:2016年8月19日14時

県政ニュース

知事の「とことん訪問」を実施します!-春日部市・吉川市を訪問-

部局名:企画財政部
課所名:東部地域振興センター
担当名:地域振興担当
担当者名:原田・村上

直通電話番号:048-737-1110
Email:n3799861@pref.saitama.lg.jp

 今回「とことん訪問」するのは、水と緑に恵まれ、子供からお年寄りまで心豊かに暮らせる活力あるまちづくりを進めている東部地域の春日部市・吉川市です。

※「とことん訪問」とは:現場主義、膝をつき合わせての意見交換を目指して、知事が自ら県内各地をくまなく訪問しようとするものです。

 

 訪問スケジュール

1 日時

 平成28年8月26日(金曜日)13時00分~17時15分

2 訪問地域

 東部地域(春日部市・吉川市)

3 訪問先

(1)日本船燈株式会社(13時00分~13時50分)

 「灯と安全を担って」

 ~日本の船灯の歴史をつくってきた創業80年の老舗企業~

(2)吉野電化工業株式会社 吉川工場(14時10分~15時00分)

 「高度な“めっき技術”で『稼ぐ力』を強化」

 ~先端産業分野で新たな成長を目指すめっき加工の専業メーカー~

(3)株式会社grain grain(グレイン グレイン)(15時40分~16時20分)

 「子連れで出勤、いきいきと輝く職場」

 ~介護と保育の融合でスタッフの子育てと世代間交流を実現~

(4)春日部市立医療センター(16時35分~17時15分)

 「コンセプトは『春のひだまり』」

 ~最新の高度医療の提供+「患者にやさしい病院」の実現~

 

 問合せ先

(各訪問先に関するお問い合わせについては)

東部地域振興センター 地域振興担当 原田・村上

電話:048-737-1110   E-mail : n3799861@pref.saitama.lg.jp

(過去の訪問状況など、とことん訪問の全体に関することについては)

企画財政部 地域政策課 地域振興担当 田中・三好・中島

電話:048-830-2775   E-mail : a2760-02@pref.saitama.lg.jp

  

【訪問先詳細】

 

1 日本船燈株式会社

(1)所在地 吉川市高久555

(2)訪問時間 13時00分~13時50分

(3)特徴など

~創業80年の船舶用灯火、航空灯火、ストーブ・ランプの製造会社~

 ・昭和11年の創業以来、一貫して、船舶用灯火や航空灯火という専門分野の開発、設計、製造に携わり、航海や航空の安全に、多くの貢献をしてきた企業です。

 ・主な取引先は、防衛省、海上保安庁、国土交通省航空局、成田・関西・中部国際空港などで、船舶や航空機の安全上重要な施設において同社の製品が広く用いられています。

 ・船灯製造で蓄積された真鍮加工の技術を生かし、インテリアストーブやマリンランプなどの製品も提供しています。

 ・訪問先では、工場を視察し、社長や役員の方々と意見交換を行います。

 

2 吉野電化工業株式会社 吉川工場

(1)所在地 吉川市旭1-2

(2)訪問時間 14時10分~15時00分

(3)特徴など

~国内屈指の高精密薄膜めっき処理企業の研究開発拠点工場~

 ・昭和10年の創業以来、「表面処理加工」の分野で国内トップクラスの実績を誇る企業で、吉川工場は、同社の先端技術を支える研究開発の拠点工場です。

 ・「ゲルめっき」という、液体を使わずピンポイント加工ができる新しいめっき手法を開発し、産業界の注目を集めました。この技術により、平成25年度渋沢栄一ビジネス大賞テクノロジー部門奨励賞を受賞しました。

 ・新たな分野での成長を目指し、平成26、27年度には航空宇宙分野で、平成28年度には医療イノベーション分野で、県の先端産業創造プロジェクトの事業採択を受けており、今後、更なる事業展開が期待されます。

 ・訪問先では、工場を視察し、社長や役員の方々と意見交換を行います。

 

3 株式会社grain grain(グレイン グレイン)

(1)所在地 春日部市大場207

(2)訪問時間 15時40分~16時20分

(3)特徴など

~女性が子連れで出勤でき、お年寄りと子供たちの世代間交流を実現する、デイサービスと事業所内保育所が一体運営される施設~

 ・社長の鈴木美緒氏が自らの経験から、子育てと仕事を同じ場所でできればと考え、平成25年に起業した、デイサービスと事業所内保育所を一体的に運営する会社です。

 ・子育てしながら働ける職場環境の実現と、高齢者と子供の交流を通じて、より良い介護、保育に向けた相乗効果を発揮しています。この施設運営が評価され、鈴木社長は、平成27年度の荻野吟子賞(さわやかチャレンジ部門)を受賞しました。

 ・現在、デイサービス「おむすび」に従事する介護スタッフ11人のうち、5人が事業所内保育所「つぶつぶ保育園」を利用しています。また、保育園ではスタッフ以外の地域の子供も受け入れています。

 ・訪問先では、施設を視察し、社長やスタッフの方々と意見交換を行います。

 

4 春日部市立医療センター

(1)所在地 春日部市中央6-7-1

(2)訪問時間 16時35分~17時15分

(3)特徴など

~地域の拠点病院としての機能を強化した新しい市立病院~

 ・平成28年7月に開院した、地域の拠点病院としての機能を強化した新しい市立病院です。

 ・5疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病・精神疾患)への重点対策と4つの政策医療(小児医療・周産期医療・救急医療・災害時医療)を行う地域の中核を担う病院です。

 ・最新の高度医療機器の導入や緩和ケア病床・感染症病床など特殊病室の整備、入院・相談機能など、医療提供体制の充実を図っています。

 ・施設面では、「春のひだまり」をコンセプトにホスピタルアートを随所に展開し、落ち着きと癒しの空間を創出しており、「患者にやさしい病院」の実現に努めています。

 ・訪問先では、院内を視察し、病院関係者の方々と意見交換を行います。

県政ニュースのトップに戻る