Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年8月 > 埼玉スタジアム2002サッカースクールにおけるスクール生等に対するメール送信時の情報漏えいについて

ここから本文です。

 

発表日:2016年8月18日19時

県政ニュース

埼玉スタジアム2002サッカースクールにおけるスクール生等に対するメール送信時の情報漏えいについて

部局名:埼玉スタジアム2002公園指定管理者公益財団法人埼玉県公園緑地協会
課所名:埼玉スタジアム2002公園管理事務所
担当者名:田沢 永田

直通電話番号:048-878-7001
Email:stadium2002-info@parks.or.jp

1 概要

 埼玉スタジアム2002公園管理事務所では自主事業として「埼玉スタジアム2002公園サッカースクール」を事業者に委託して実施しています。

 平成28年8月18日(木曜日)14時39分頃、サッカースクールが荒天のため中止となる旨の案内メールを受託会社※からスクール生436名及びスタッフ3名(以下「スクール生等」という。)あてに送信しました。

 その際、通常は他のスクール生等のメールアドレスが見えないようBCCで送信すべきところ、誤ってスクール生全員のメールアドレスが見えるCCで送信してしまい、関係者のメールアドレスの情報が漏えいしました。

 

 ※ 受託会社:スポーツマネジメント株式会社(本社:東京都渋谷区)

 

 

2 対応

 受託会社では、同日、メールを送信したスクール生等に対し、お詫びのメールを送信するとともに、先に送信したメールの削除を依頼しました。

 併せて、現在、全員にお詫びの電話をしているところです。

 

 

3 再発防止策

 埼玉県公園緑地協会は、受託会社に対し、スクール生等に対し丁寧に対応するとともに、直ちに再発防止策を講じ、当協会に報告するように指示しました。

 また、当協会においても、スクール生等からの相談、苦情に対応するとともに、個人情報保護の取り扱いを改めて徹底します。

県政ニュースのトップに戻る