Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年8月 > グローバルキャンプ埼玉を開催します~県内で疑似留学体験・英語漬けの4泊5日~

ここから本文です。

 

発表日:2016年8月9日14時

県政ニュース

グローバルキャンプ埼玉を開催します~県内で疑似留学体験・英語漬けの4泊5日~

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当名:グローバル人材育成担当
担当者名:安部・鈴木

内線電話番号:2711
直通電話番号:048-830-2711
Email:a2705-01@pref.saitama.lg.jp

 県では、8月16日から2回にわたり、グローバル人材の裾野を広げるために、県内で疑似留学を体験する「グローバルキャンプ埼玉」を開催いたします。

 このキャンプでは、約100人の高校生や大学生などが4泊5日間英語漬けでコミュニケーションやプレゼンテーションスキルだけではなく、「環境」や「福祉」などの専門講義、さらには茶道や狂言などの日本文化も英語で学びます。

 講師は英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルのイギリス人講師や大学教員、女性狂言師など多分野にわたっています。

 また、キャンプには埼玉大学で学んでいる外国人留学生も参加するため、まさに 埼玉県にいながらの留学体験となっております。

 

実施概要

 1 開催期間 

 第1回 平成28年8月16日(火曜日)~8月20日(土曜日)

 第2回 平成28年8月23日(火曜日)~8月27日(土曜日)

 2 場所 

 埼玉県県民活動総合センター(伊奈町)

 3 参加人数 

 各回 約50人及び外国人留学生

 ※既に参加者の募集は締切っています。

 4 内容 

 ・茶道や狂言などの日本文化体験や大学レベルの講義を英語で行う。

 ・英語によるコミュニケーションやディスカッション、プレゼンテーション技術を学ぶ。

 ・最終日には参加者が選んだテーマで各自が英語でプレゼンテーションを行う。 

 ・主な講義のスケジュール

 

主なプログラム

日時・場所

日本文化講義(茶道)

各回2日目 17時15分~ 307セミナー室

(第2回目はセミナーホール2)

埼玉大学教員による講義

(人口成長と経済発展)

各回3日目 11時15分~ 301セミナー室

日本文化講義(狂言)

各回3日目 17時15分~ 307セミナー室

(第2回目はセミナーホール2)

修了式

各回最終日 15時30分~ 307セミナー室

(第2回目はセミナーホール2)

 

 

【参考】

平成28年度グローバルキャンプ埼玉(大学開催)

 大東文化大学東松山キャンパスでも「グローバルキャンプ埼玉」を実施します(県助成事業)。

 (1)開催期間:平成29年2月14日(火曜日)~2月18日(土曜日)(予定)

 (2)場所:大東文化大学東松山キャンパス

 ※9月16日(金曜日)から募集開始予定

 ※詳しくは9月5日(月曜日)以降、大東文化大学国際交流センターのサイトからお知らせします。

 

平成27年度実施概要

 (1)参加者数 

 第1回 (大東文化大学開催)41人

 第2回 53人

 第3回 43人

 (2)内容

 ・「福祉」、「環境」、「北東アジア」、「日本の文化」及び「異文化理解」に関する講義を行った。

 ・プレゼンテーションスキルを学び、最終日には参加者が選んだテーマで、各自がプレゼンテーションを行った。

 以上は、全て英語によるものである。

 (3)参加者のアンケート結果

 ・とても役に立った 55.8%

 ・役に立った 41.3% 

            上記合計 97.1%

 ・あまり役に立たなかった 1.0%

 ・期待はずれだった 0.0%

 ・無回答 1.9%

 (4)参加者の様子

160809-0303 

160809-0304 

160809-0305 

 

ブリティッシュ・カウンシル

 教育機会と文化交流を目指す、英国の公的な国際文化交流機関です。1934年に設立され、現在は日本を含む世界100以上の国と地域で活動を展開しています。今回担当するのは英語教授に関する国際資格を保有する経験豊かなネイティブ講師です。

 

【参考:第1回目プログラム(PDF:89KB)

 

【参考:第2回目プログラム(PDF:89KB)

 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。