Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年8月 > 川の再生新たな施策「川の国埼玉はつらつプロジェクト」の実施について

ここから本文です。

 

発表日:2016年8月8日14時

県政ニュース

川の再生新たな施策「川の国埼玉はつらつプロジェクト」の実施について

部局名:県土整備部
課所名:水辺再生課
担当名:総合調整・地域連携担当
担当者名:酒井、横田、勅使川原

直通電話番号:048-830-5112
Email:a5110-01@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県では、県民誰もが川に愛着を持ち、ふるさとを実感できる「川の国埼玉」を目指し、「川の再生」に取り組んでいます。

 平成20年度から「水辺再生100プラン」、平成24年度から「川のまるごと再生プロジェクト」を県民や市町村と協働して取り組んできました。その結果、地域で川を守る活動が広がり、再生した水辺空間が地域の共有資産として地域活動などに利活用されてきています。

 そこで、県ではこうした広がりを一層推進するため、市町村の地域振興の取組みと連携した水辺空間の整備・拡充を行う「川の国埼玉はつらつプロジェクト」を実施します。

 事業箇所については、県と協働して取り組む提案を市町村から募集し、県による選定作業を経て、平成28年度末までに決定します。 

【はつらつプロジェクトの概要】

 ○ 県内にはどこに行っても個性や特色のある地域や川がある。

 ○ 県は、そうした個性ある地域づくりに取組む市町村と協働して水辺づくりを行う。

 ○ 例えば、地方創生に係る総合戦略や観光振興計画等と連動させ、再生された川に集まる人々を他の観光スポットに誘導したり、地域全体が元気になるような広がりを持たせる。

 ○ また、身近な河川空間を有効に利活用し、水面をゆったり眺めることができるようにする。

 ○ このように、県が整備・拡充した箇所を地域が利活用することによって、その効果を川沿いだけではなく、まち全体に広げるようなプロジェクトを展開する。

 ○ その結果として、県内どこに行っても様々な川の個性が実感できるようにし、県土の面積に占める河川の割合が3.9%で日本一を肌で実感できるようにする。

【スケジュール(予定)】

 H28年8月22日(月曜日) 市町村説明会

 H28年8月22日(月曜日)~H28年9月30日(金曜日) 募集期間

 H28.10月上旬 応募要件の確認

 H28.10月上旬~下旬 選定作業

 H28.10月下旬 平成28年度着手箇所決定

 H29.3月下旬 平成29年度着手箇所決定

 ※ 日程その他の詳細については、確定後速やかに水辺再生課ホームページ等でお知らせいたします。 

【その他】

 市町村提案募集要項等の詳細については、市町村説明会後(8月22日)速やかに下記ホームページに掲載いたします。

 http://www.pref.saitama.lg.jp/a1008/kawanosaisei

【取組イメージ】(PDF:239KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。