Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年8月 > 「埼玉県5か年計画大綱-希望・活躍・うるおいの埼玉-」に対する県民コメント(意見募集)の実施について

ここから本文です。

 

発表日:2016年8月8日14時

県政ニュース

「埼玉県5か年計画大綱-希望・活躍・うるおいの埼玉-」に対する県民コメント(意見募集)の実施について

部局名:企画財政部
課所名:計画調整課
担当名:計画担当
担当者名:松澤・豊島・新保

内線電話番号:2136
直通電話番号:048-830-2141
Email:a2130-02@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県では、5年ごとに県政運営の指針となる5か年計画を策定しています。現行の5か年計画「埼玉県5か年計画-安心・成長・自立自尊の埼玉へ-」の計画期間が今年度で終了するため、29年度を初年度とする新たな5か年計画づくりを進めています。

 このたび、そのたたき台となる「埼玉県5か年計画大綱-希望・活躍・うるおいの埼玉-」を取りまとめましたので、県民の皆様の御意見を募集します。 

1 募集期間

 平成28年8月2日(火曜日)~9月1日(木曜日)(必着) 

2 大綱の入手方法

 埼玉県のホームページからダウンロードできます。

(URL)リンク切れのため削除しました。

 また、次の窓口で閲覧・配布を行っています。

埼玉県企画財政部計画調整課(本庁舎2階)Tel:048-830-2141

埼玉県県政情報センター(衛生会館1階) Tel:048-824-2111(内線2890)

埼玉県の各地域振興センター及び事務所

 南部 Tel:048-256-1110 西部 Tel:04-2993-1110

 南西部 Tel:048-451-1110 利根 Tel:048-555-1110

 東部 Tel:048-737-1110 北部 Tel:048-524-1110

 県央 Tel:048-777-1110 本庄事務所 Tel:0495-24-1110

 川越比企 Tel:049-244-1110 秩父 Tel:0494-24-1110

 東松山事務所 Tel:0493-24-1110

県立図書館(※閲覧のみとなります。)

 ※なお、県内12か所で大綱についての説明会を行います。 
① 春日部会場・・・8月 9日(火曜日) 14時30分~16時00分

 埼玉県春日部地方庁舎 3階 大会議室(住所:春日部市大沼1-76 Tel:048-737-1110)

 ② 上尾会場・・・8月18日(木曜日) 14時00分~15時30分

 上尾地方庁舎 2階 会議室(住所:上尾市南239-1 Tel:048-777-1110)

 ③ 川越会場・・・8月22日(月曜日) 14時30分~16時00分

 ウェスタ川越公共施設棟 3階 中会議室A(住所:川越市新宿町1-17-17 Tel:049-244-1110)

 ④ 所沢会場・・・8月23日(火曜日) 14時30分~16時00分

 所沢地方庁舎 3階 大会議室(住所:所沢市並木1-8-1 Tel:04-2993-1110)

 ⑤ 川口会場・・・8月24日(水曜日) 14時30分~16時00分

 川口地方庁舎 2階 大会議室(住所:川口市西青木2-13-1 Tel:048-256-1110)

 ⑥ 朝霞会場・・・8月25日(木曜日) 13時00分~14時30分

 朝霞市民会館ゆめぱれす 3階 梅会議室(住所:朝霞市本町1-26-1 Tel:048-466-2525)

 ⑦ 秩父会場・・・8月26日(金曜日) 14時30分~16時00分

 秩父地方庁舎 3階 大会議室(住所:秩父市東町29-20、Tel:0494-24-1110)

 ⑧ 東松山会場・・・8月29日(月曜日) 14時30分~16時00分

 東松山地方庁舎 1階 大会議室A・B(住所:東松山市六軒町5-1 Tel:0493-24-1110)

 ⑨ 本庄会場・・・8月29日(月曜日) 14時30分~16時00分

 本庄地方庁舎 3階 第1・第2会議室(住所:本庄市朝日町1-4-6 Tel:0495-24-1110)

 ⑩ 利根会場・・・8月30日(火曜日) 10時30分~12時00分

 行田地方庁舎 3階 会議室(住所:行田市本丸2-20、Tel:048-555-1110)

 ⑪ 熊谷会場・・・8月30日(火曜日) 14時30分~16時00分

 熊谷地方庁舎 3階 特別会議室(住所:熊谷市末広3-9-1 Tel:048-524-1110)

 ⑫ さいたま会場・・・8月31日(水曜日) 14時30分~16時00分

 大宮区役所南館 3階 301会議室(住所:さいたま市大宮区大門町3-1 Tel:048-657-0111)

3 意見の提出方法

(1)記載事項・・・住所、氏名、意見

 (※法人等の場合は主たる事業所の所在地、名称、代表者の氏名、意見)

(2)提出方法・・・電子メール、ファクシミリ、郵便

 (※件名は「埼玉県5か年計画」としてください。)

 (※様式は自由です。大綱の巻末にある様式も適宜御利用ください。)

 (※電話等による口頭での御意見はお受けできませんので、御了承ください。) 

4 意見の取扱い

(1)皆様からいただいた御意見を考慮して、「埼玉県5か年計画」を策定します。

(2)いただいた御意見の概要と、それに対する県の考え方などを公表します。

 (※プライバシーに関する内容を除きます。)

 なお、類似の御意見については、まとめて公表することがありますので、御了承ください。

(3)個々の御意見に対する個別の回答や、提出いただいた書類等の返却はいたしかねますので、御了承ください。 

5 問い合わせ先

 〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1(本庁舎2階)

 埼玉県企画財政部計画調整課計画担当

 電話:048-830-2141(直通)

 FAX:048-830-4710

 電子メール:a2130-02@pref.saitama.lg.jp

大綱のポイントと概要について

1 大綱のポイント

(1)策定の趣旨

 戦後一貫して増加してきた本県人口は、まもなく減少に転じます。また、高齢者の急増、働き盛り世代の減少など人口構造も大きく変化します。

 一方、広域高速道路網等の充実により交通の要衝としての本県の優位性はさらに向上し、東京オリンピック・パラリンピックなど更なる活性化の好機も控えています。

 このような時代の潮流や環境の変化に適切に対応し、将来にわたる持続的発展を実現するため、「埼玉県5か年計画大綱 -希望・活躍・うるおいの埼玉-」を策定します。

(2)計画を着実に実行する仕組み

 県が達成すべき内容を示し、その達成水準を分かりやすく、かつ客観的に示すため、数値目標(施策指標)を設定します。

 施策の進捗は毎年度確認し、評価結果を踏まえて施策の実施方法について必要な見直しを行うとともに、予算・組織などの検討に反映し、PDCAサイクルに基づき計画を着実に推進します。

 また、県民の皆さんの満足度を把握し、県政を含む県民生活全般の向上に視点を置いた施策評価を行います。これらの評価結果を県民の皆さんに公表し、より開かれた県政運営を実現するとともに、説明責任を果たしていきます。 

2 大綱の概要

(1)埼玉県の目指す3つの将来像

 (1)希望と安心の埼玉、(2)活躍と成長の埼玉、(3)うるおいと誇りの埼玉、の3つの将来像の実現をめざし、様々な施策に取り組みます。

(2)11の挑戦

 人口減少、異次元の高齢化など、本県が今まで経験したことのない局面を迎えるにあたり、新たな情勢に即したモデルを生み出すには、従来の常識や固定観念を打ち破る発想の転換や道を切り拓く行動力が求められます。そこで、本県が目指す将来像の実現に向け、時代の潮流に対して積極果敢に挑む取組を、「11の挑戦」として位置付けます。

【11の挑戦】

① 結婚・出産・子育ての希望実現

② 健康・医療・介護の安心確保

③ 大地震など危機への備えの強化

④ 地域をつなぐ社会基盤の整備

⑤ シニアの活躍推進

⑥ 次代を担う人財育成

⑦ 女性が活躍する社会の構築

⑧ 稼ぐ力の向上

⑨ 儲かる農業の推進

⑩ 新たなエネルギー社会の構築

⑪ オリンピック・パラリンピックなどを契機とした地域の活性化

(3)分野別施策

 県政を6つの分野に分類し、その実現のための57の施策を体系的にまとめました。これら全ての施策に指標(数値目標)を設定しています。

分野I 未来への希望を実現する

 ア 基本目標 子供を安心して生み育てる希望をかなえる

                誰もが健康で安心して暮らせる社会をつくる

 イ 施策 きめ細かな少子化対策の推進、生涯を通じた健康の確保 など6施策

 ウ 主な指標 合計特殊出生率 1.34(H27年) ⇒ 1.50(H33年)

分野II 生活の安心を高める

 ア 基本目標 医療の安心を提供する

                暮らしの安心・安全を確保する

                危機や災害に備える

 イ 施策 地域医療体制の充実、交通安全対策の推進 など13施策

 ウ 主な指標 重症救急搬送患者の医療機関への受入照会が4回以上となってしまう割合

                7.8% (H26年) ⇒ 3.0%(H33年)

分野III 人財の活躍を支える

 ア 基本目標 一人一人が人財として輝ける子供を育てる

                多彩な人財が活躍できる社会をつくる

 イ 施策 確かな学力と自立する力の育成、高齢者の活躍支援 など11施策

 ウ 主な指標 地域社会活動に参加するシニアの割合

  43.8%(H27年度)⇒ 50.0%(H33年度)

分野IV 成長の活力をつくる

 ア 基本目標 埼玉の成長を生み出す産業を振興する

                埼玉の農林業の成長産業化を支援する

                埼玉の活力を高める社会基盤をつくる

 イ 施策 新たな産業の育成と企業誘致の推進 など11施策

 ウ 主な指標 新たに整備された産業基盤の面積

 300ha(H29~33年度計)

分野V 豊かな環境をつくる

 ア 基本目標 持続的発展が可能な社会をつくる

                豊かな自然と共生する社会をつくる

 イ 施策 地球温暖化対策の推進 など7施策

 ウ 主な指標 次世代自動車の普及割合

                11%(H26年度末)⇒ 33%(H33年度末)

分野VI 魅力と誇りを高める分野

 ア 基本目標 県民が誇れる埼玉の魅力を高める

                支え合いで魅力ある地域社会をつくる

 イ 施策 郷土の魅力の創造発信 など9施策

 ウ 主な指標 人口の社会増の維持

                ・全年齢 13,528人(H27年)⇒ 14,909人(H33年)

                ・0~14歳 2,906人(H27年)⇒ 3,440人(H33年)

(4)地域の施策展開

 本県は人口の集中する地域から自然豊かな中山間地域まで日本の縮図ともいえる多彩な地域を有しています。

 これら各地域の特性や現状を踏まえ、地域ごとの異なる課題に対して「分野別施策」に示した取組を再編しました。

 まず、県域を都心からの概ねの距離に基づき、県南・圏央道・県北の3つのゾーンの特性や課題を整理し、さらに、県民の生活圏としての一体性など広域的なまとまりに基づき10地域に区分し、特にその地域で取り組むべきものを整理しました。

県政ニュースのトップに戻る