Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年6月 > 下水道施設の災害を想定した広域応援訓練を実施します。

ここから本文です。

 

発表日:2016年6月29日14時

県政ニュース

下水道施設の災害を想定した広域応援訓練を実施します。

課所名:公益財団法人埼玉県下水道公社
担当名:技術課
担当者名:北澤・岩﨑

直通電話番号:048-838-8585
Email:master@saitama-swg.or.jp

 公益財団法人埼玉県下水道公社では、関東地方に震度6弱の地震が発生したことを想定した実践的な訓練を6月30日に実施します。

 この訓練は、下水道公社において、荒川水循環センターで被害想定をして、流域間を超えた、人員及び資機材の広域的な支援を行うもので、毎年実施しています。

 

1 実施日時

 平成28年6月30日(木曜日) 8時30分~12時00分

 

2 場所

 荒川水循環センター(荒川左岸南部支社 戸田市笹目5-37-14)

 

3 災害の想定

 関東地方にて震度6弱の地震が発生し、荒川水循環センターにおいて汚水を各水処理池に分配する分水槽の躯体に亀裂が生じたことにより、汚水が漏洩している。分水槽への汚水流入は停止したが亀裂からの漏洩は続いており、水循環センターの外部へ流出する危険性がある。早急に汚水の拡散防止と仮設排水設備による漏洩汚水の排水作業を行う必要がある。

 

4 主な訓練内容

(1)対策本部設置訓練

 荒川左岸南部支社及び下水道公社本社における災害対策本部の設置

(2)情報伝達訓練

 災害発生に伴う被害状況及び支援要請等、情報伝達訓練

(3)対策訓練

 漏洩汚水の拡散防止のための土嚢積み訓練、漏洩汚水の排水のための仮設排水設備の設置及び運転操作訓練

5 訓練参加機関

(1)下水道公社本社(さいたま市桜区田島)

(2)荒川左岸南部支社(戸田市笹目)

(3)荒川左岸北部支社(桶川市小針領家)

(4)荒川右岸支社(和光市新倉)

(5)中川支社(三郷市番匠免)

(6)古利根川支社(久喜市吉羽)

6 参加人員 

 約50人

県政ニュースのトップに戻る