Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年6月 > 県立川の博物館 夏期企画展「『あざやかないきものたち』構造色をもった生き物」を開催

ここから本文です。

 

発表日:2016年6月28日14時

県政ニュース

県立川の博物館 夏期企画展「『あざやかないきものたち』構造色をもった生き物」を開催

部局名:教育局
課所名:生涯学習文化財課
担当名:文化財活用・博物館担当
担当者名:見目

内線電話番号:6984
直通電話番号:048-830-6986
Email:a6910@pref.saitama.lg.jp

 県立川の博物館では、夏期企画展「『あざやかないきものたち』構造色をもった生き物」を開催します。

 「あざやかないきもの」と聞いて、皆さんはどのような生き物を思い浮かべますか?太陽の光を浴びて光るタマムシやチョウ、エサをとるために水に飛び込むカワセミの羽根などでしょうか?その他にもキラキラとしている生き物は多くいます。

 その鮮やかなキラキラは「構造色」と呼ばれる耀きでもあります。

 展示では、構造色をもった生き物を紹介するとともに、構造色について解説します。また、人間が構造色をどのように利用しているかについて紹介します。

 

1 見どころ(展示構成)

第一章 はじめに

 カワセミやツバメ、カナブン、ミミズ、貝殻などを使った螺鈿やシャボン玉など、私たちは身近なところで構造色を目にすることができます。構造色をもった生き物や製品を、ダイジェストで紹介します。

 

第二章 構造色をもった生き物

 タマムシ類、モルフォチョウ類、コガネムシ類など構造色をもった昆虫を、標本でたっぷり紹介します。一部の標本には、写真も用いてじっくりと観察できるように展示します。また、構造色のもとになるその“構造”をクローズアップした電子顕微鏡写真も併せて展示します。

 鳥類からは尾羽が美しいクジャクや、かわはくのシンボルであるカワセミなど、構造色をもった鳥たちのはく製を展示します。さらに、リバーホールの生体展示では、ベタやスズメダイの仲間など魚類や爬虫類で構造色をもった生き物を紹介します。

 

【フェモラータモモブトハムシ】

160628-1101

【ヤマトタマムシ】

160628-1102

第三章 構造色の製品と活用

 生き物にヒントを得て構造色のしくみを利用した金属の着色、構造色を使った人工オパールや螺鈿、CDなど、身近に見られる構造色を実物で紹介します。

 

第四章 構造色とは

 構造色は色素や顔料で作りだされる色ではなく、物の立体的な形(構造)と光の持つ性質(波長)によって作り出され、私たちの眼に“色”として見えます。そのため、立体的な形がなくならない限り「色あせ」や「退色」が起こらず、化石でも色が残っています。いくつかのパターンがある構造色のしくみについて解説します。

 

2 会期

平成28年7月16日(土曜日)~9月4日(日曜日)

※会期中休館日はありません

 

3 開館時間(入館は閉館の30分前まで)

 7月16日(土曜日)~7月20日(水曜日) 9時00分~17時00分

 7月21日(木曜日)~8月31日(水曜日)

 【平日】 9時00分~17時30分

 【土・日・祝日及び8月11日~15日】 9時00分~18時00分

 9月1日(木曜日)~9月4日(日曜日) 9時00分~17時00分

 

4 会場

 県立川の博物館 第二展示室

 (大里郡寄居町小園39)

 

5 観覧料(入場料)

 一般410円、高校生・学生200円

 中学生以下、障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料

 

6 交通案内

 自動車 関越自動車道花園ICから8分

 電車+徒歩 東武東上線鉢形駅下車徒歩20分

 

7 駐車料金

 普通車300円 バス1、020円

 

8 関連イベント

(1)「顕微鏡で昆虫観察」

日時 7月17日(日曜日)13時30分~15時30分

場所 本館 荒川情報局 

内容 顕微鏡で虫を見ます。スライドも見ます。

定員 随時5名程度受付(当日参加OK)

費用 無料

(2)昆虫採集と標本づくりキャンプ

日時 8月5日(金曜日)~7日(日曜日)

場所 県立名栗げんきプラザ(飯能市上名栗1289-2)

内容 川の博物館の学芸員と一緒に昆虫採集と標本づくり、さらに電子顕微鏡を操作します。学芸員やスタッフと交流し、得意分野のお話を聞くことができます。

定員 親子15組(要事前申込)

対象 小学校4年生以上(要保護者同伴)

費用 子供9、000円、大人10、000円(県外の方は追加料金が発生します。)

申込 往復はがきにて7月3日(日曜日)までに申し込んでください。

 ※応募者多数の場合は抽選となります。

 

9 問合せ先

 県立川の博物館

 電話 048-581-7333 ファックス 048-581-7332

 代表アドレス web-master@river-museum.jp

 

※ 諸事情などにより開館時間、展示構成やイベントの内容などが予告なく変更、または中止になることがあります。

 

県政ニュースのトップに戻る