Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年6月 > タイ・インドネシアで日本語学習のサポートや文化交流をしたい人を募集します―埼玉・日本とASEAN諸国との懸け橋として期待―

ここから本文です。

 

発表日:2016年6月28日14時

県政ニュース

タイ・インドネシアで日本語学習のサポートや文化交流をしたい人を募集します―埼玉・日本とASEAN諸国との懸け橋として期待―

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当名:グローバル人材育成担当
担当者名:安部・土居

内線電話番号:2711
直通電話番号:048-830-2711
Email:a2705-01@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県は、昨年度締結した独立行政法人国際交流基金との包括的連携協定に基づく事業として“日本語パートナーズ”派遣事業埼玉県推薦プログラムを実施します。

 “日本語パートナーズ”派遣事業とは、独立行政法人国際交流基金が行う事業の一つで、幅広い世代の人材をASEAN諸国の高校等に派遣し、現地の日本語教師や生徒のパートナーとして、授業のアシスタントや文化交流を行うものです。

 今回、初めて、その派遣者の一部に埼玉県枠を設け、埼玉県及び日本とASEAN諸国との懸け橋となる人を募集します。

 また、事業の内容をより詳しく知りたい方のために、8月5日(金曜日)と7日(日曜日)に説明会を開催します。 

募集概要

1 募集人数・派遣期間※

(1)タイ:5名・平成29年5月上旬~平成30年3月

(2)インドネシア:5名・平成29年7月下旬~平成30年3月

※派遣先等の都合により派遣時期等が若干変動する可能性があります。

2 主な応募要件

(1)埼玉県内に在住、在勤又は在学の方

(2)年齢が満20歳から満69歳までの方

 満20歳:(タイ・インドネシア)平成28年10月13日時点

 満69歳:(タイ)平成29年6月30日時点

 (インドネシア)平成29年9月30日時点

(3)日本国籍を有し、日本語を母国語とする方

(4)日常英会話ができる方

(5)埼玉県の国際交流に協力できる方

(6)埼玉県からの推薦ということを自覚し、帰国後も埼玉県が実施する事業に協力できる方

(7)派遣前研修(約1か月間)に全日程参加できる方 など

3 応募方法

 所定の応募書類(募集要項を参照)を郵送又は持参してください。

 募集期間:平成28年7月19日(火曜日)から9月2日(金曜日)まで

 提出先:埼玉県国際課グローバル人材育成担当

4 詳細

 県ホームページに掲載の募集要項を御覧ください。

 https://www.pref.saitama.lg.jp/a0306/japanese-partners.html

説明会

 募集の概要や“日本語パートナーズ”経験者の話などを聞くことができます。

 参加希望の方は県ホームページの応募フォームからお申込みください。

 

日時

会場

1

8月5日(金曜日)

午後7時~

ウェスタ川越 活動室1

川越市新宿町1-17-17(川越駅西口から徒歩約5分)

2

8月7日(日曜日)

午後2時~

日本語国際センター ホール

さいたま市浦和区北浦和5-6-36(北浦和駅から徒歩約8分)

 

参考情報

“日本語パートナーズ”派遣事業について

1 概要

 平成25年に東京で開催された日・ASEAN特別首脳会議で発表された新しいアジア文化交流政策「文化のWA(和・環・輪)プロジェクト~知り合うアジア」の一環で、平成26年から始まった事業です。

 経済成長著しいASEAN諸国では、日本文化への関心が高く、日本語を学びたいと考える若い人たちが急増しています。現地でも日本語教育が盛んに行われていますが、日本語の先生の数と経験の不足が課題となっています。そのため日本政府は、独立行政法人国際交流基金を通じて、現地の日本語教師のサポートをしながら、「生きた日本語」を教えられる人材を派遣するこの事業を開始しました。

2 派遣実績(平成28年6月末現在)

 8か国 334人

 出典:“日本語パートナーズ”ホームページ

 http://jfac.jp/partners/overview/achievements/

県政ニュースのトップに戻る