Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年6月 > さきたま史跡の博物館史跡埼玉古墳群 鉄砲山古墳の最新調査成果をホームページで公開します

ここから本文です。

 

発表日:2016年6月23日14時

県政ニュース

さきたま史跡の博物館史跡埼玉古墳群 鉄砲山古墳の最新調査成果をホームページで公開します

部局名:教育局 
課所名:さきたま史跡の博物館
担当名:史跡整備担当
担当者名:佐藤・山田・中井

直通電話番号:048-559-1181
Email:k591111@pref.saitama.lg.jp

 さきたま史跡の博物館では、「埼玉(さきたま)古墳群の保存整備事業」により昨年度から実施している鉄砲山古墳横穴式石室入口の調査の成果を公開します。

 調査箇所は狭くかつ滑りやすい急斜面で大変危険であり、事故防止及び遺跡保護の観点から現地での一般公開が不可能なため、ホームページ及び写真パネルでの公開となります。

 

1 主な調査成果について

 鉄砲山古墳は全長109mで、埼玉古墳群の中では3番目に大きな前方後円墳です。昨年度から横穴式石室の入口周辺の調査を行っています。

 調査の結果、入口は河原石により丁寧に密閉されていることや、天井石は荒川流域で産出する片岩(りょくでいせきへんがん)であること、側壁は角閃石(かくせんせき)安山岩(あんざんがん)と呼ばれる6世紀中頃に群馬県榛名山から噴出した軽石を四角く加工したものであることが判明しました。

 また、石室入口周辺には須恵器(すえき)大甕(おおがめ)が2個発見され、墓前で祭祀(さいし)が行われたことが判りました。また石室前の平場からは円筒埴輪列も発見されています。

2 成果の公開について

(1)ホームページによる公開

 さきたま史跡の博物館のホームページに鉄砲山古墳の概要や進行中の調査成果を掲載します。

 

 日時:平成28年6月24日(金曜日)午前10時から公開

 URL:http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/

 又は「さきたま史跡の博物館」で検索

 

(2)写真パネル等による公開

 さきたま史跡の博物館において、7月9日(土曜日)から開催する企画展『平成28年度最新出土品展「地中からのメッセージ」』で調査成果を展示します。

 

 日時:平成28年7月9日(土曜日)~8月31日(水曜日)9時00分~17時00分

 ※ 休館日:月曜日(7月18日(月曜日)は開館)

 会場:さきたま史跡の博物館 企画展示室

 観覧料:( )内は20名以上の団体料金

 一般200円(120円)、高校生・学生100円(60円)

 ※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(付添1名を含む)は無料

 

3 問い合わせ先

 さきたま史跡の博物館 史跡整備担当 

 行田市埼玉4834

 電話:048-559-1181 FAX:048-559-1112

県政ニュースのトップに戻る