Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年6月 > 平成28年4月の保育所等の待機児童数について

ここから本文です。

 

発表日:2016年6月23日14時

県政ニュース

平成28年4月の保育所等の待機児童数について

部局名:福祉部
課所名:少子政策課
担当名:施設整備・指導担当
担当者名:金子・金沢

内線電話番号:3348
直通電話番号:048-830-3328
Email:a3320-08@pref.saitama.lg.jp

1 平成28年4月1日の待機児童数

 ◆ 県内の平成28年4月1日現在の保育所等待機児童数は1,026人であり、前年1,097人から71人減少した。待機児童が減少した市町は17、増加した市町は17であった。

 ◆ 川口市、さいたま市で50人以上待機児童が減るなど、17市町で計392人の待機児童が減少した。 

 ◆ 一方、戸田市で50人以上待機児童が増えるなど、17市町で計321人の待機児童が増加している。 

 ◆ 就学前児童数が減少する中でも、認可保育所等への入所申込者数は増加が続いている。平成28年4月1日の申込者数は113,668人で、前年と比べると7,313人の大幅な増となった。 

 ◆ 保育所等への入所申込者が増える中、県と市町村は連携して保育サービス受入れ枠の拡大に努めている。

 平成27年度は、6,660人分の受入れ枠を拡大した。 

 ◆ 平成28年度についても、待機児童の解消を図るため、交付金や補助金等を活用した保育所等の整備や幼稚園・企業と連携した取組などにより、県全体で6,500人分の受入れ枠を拡大する。また、待機児童が多い低年齢児対策として、小規模保育事業などをより一層進めていく。

 

  埼玉県の待機児童数(4月1日現在)      (人)

年 度

H16

H17

H18

H19

H20

H21

H22

H23

H24

H25

H26

H27

H28

待機児童数

1,628

1,790

1,386

1,217

1,216

1,509

1,310

1,186

1,075

902

905

1,097

1,026

前年比

-

162

-404

-169

-1

293

-199

-124

-111

-173

3

192

-71

  

 保育所等入所申込者数と待機児童数等の状況    (人) 

区分

H27

H28

増減

就学前児童数

361,030

358,470

-2,560

入所申込者数(A)

106,355

113,668

7,313

入所児童数(B)

100,098

106,357

6,259

入所していない児童数

(C)=(A)-(B)

6,257

7,311

1,054

家庭保育室等利用児童数(D1)

1,193

1,129

-64

育児休業中(D2)

787

988

201

求職活動を休止している場合(D3)

1,039

1,408

369

特定の保育所等のみの申込者など(D4)

2,141

2,760

619

待機児童数(E)=(C)-(D1~4)

1,097

1,026

-71

 

※ 就学前児童数は「埼玉県町(丁)字別人口調査(1月1日現在)」による数値。

※ その他は4月1日現在の数値。

※ 入所申込者数(A)、入所児童数(B)は、保育所・幼保連携型認定こども園のほか、地域型保育事業(小規模保育、家庭的保育、事業所内保育、居宅訪問型保育)を含む。

※ 待機児童とは、入所申込みがあり、かつ入所要件に該当しているが、入所していない者のことをいう。ただし、国の定義に基づき、家庭保育室等の地方公共団体における単独保育施策により保育されている場合や、幼稚園長時間預かり保育等の国庫補助事業により保育されている場合(D1)、市町村が育児休業を延長した者及び育児休業を切り上げて復職したい者のニーズを適切に把握し、引き続き利用調整を行い待機児童数に含めない場合(D2)、求職活動を休止していることが確認できる場合(D3)、他に入所可能な保育所等があるにも関わらず特定の保育所等を希望し、保護者の私的な理由により待機している場合(D4)などは待機児童に含めない。

 

 年齢別待機児童の割合(平成28年4月1日現在)      (人)

 

0歳児

1歳児

2歳児

3歳児

4歳

以上児

待機児童数(人)

79

503

283

145

16

1,026

構成比(%)

7.7

49.0

27.6

14.1

1.6

100.0

 

0歳児から2歳児で84.3% 

2 市町村の状況 

(1) 待機児童が減少した市町村

 17市町で待機児童数が減少した。 

<待機児童数が10人以上減少した8市> ※カッコ内は前年比(以下同じ)

(1) 川口市 98人(△123人)

保育所2園の新設等により、受入れ枠を348人分拡大した。

(2) さいたま市 24人(△71人)

保育所16園の新設等により、受入れ枠を1,820人分拡大した。

(3) 草加市 77人(△49人)

保育所2園の新設等により、受入れ枠を269人分拡大した。

(4) 八潮市 0人(△33人)

小規模保育事業4園の新設等により、受入れ枠を87人分拡大した。

(5) 蕨市 3人(△30人)

保育所3園の新設等により、受入れ枠を286人分拡大した。

(6) 和光市 36人(△23人)

保育所1園の新設等により、受入れ枠を194人分拡大した。

(7) 三郷市 46人(△16人)

保育所5園の新設等により、受入れ枠を168人分拡大した。

(8) 志木市 22人(△15人)

保育所2園の新設等により、受入れ枠を143人分拡大した。

(2) 待機児童が増加した市町村

 ◆ 17市町で待機児童数が増加した。

<待機児童数が10人以上増加した10市> 

(1) 戸田市 106人(+72人)

保育所4園の新設等による受入れ枠(299人)を拡大したが、入所申込者数が447人増加したことにより待機児童数が増加した。

(2) 狭山市 69人(+ 48人)

入所申込者数の増加(123人)により待機児童数が増加した。

(3) 朝霞市  79人(+ 32人)

保育所1園の新設等による受入れ枠(122人)を拡大したが、入所申込者数が333人増加したことにより待機児童数が増加した。

(4) 東松山市 38人(+ 26人)

保育所1園の新設等による受入れ枠(50人)を拡大したが、入所申込者数が113人増加したことにより待機児童数が増加した。

(4) 富士見市 36人(+ 26人)

保育所1園の新設等による受入れ枠(105人)を拡大したが、入所申込者数が184人増加したことにより待機児童数が増加した。

(6) 新座市  70人(+ 20人)

小規模保育事業4園の新設等による受入れ枠(45人)を拡大したが、入所申込者数が157人増加したことにより待機児童数が増加した。

(6) 上尾市  35人(+ 20人)

保育所2園の新設等による受入れ枠(179人)を拡大したが、入所申込者数が241人増加したことにより待機児童数が増加した。

(6) 入間市  24人(+ 20人)

小規模保育事業1園の新設等による受入れ枠(39人)を拡大したが、入所申込者数が35人増加したことにより待機児童数が増加した。

(9) 久喜市  13人(+ 13人)

幼保連携型認定こども園1園の新設等による受入れ枠(143人)を拡大したが、入所申込者数が173人増加したことにより待機児童数が増加した。

(10) 越谷市  38人(+ 10人)

保育所2園の新設等による受入れ枠(355人)を拡大したが、入所申込者数が495人増加したことにより待機児童数が増加した。

 

(3) 待機児童数の多い市町村

 待機児童数が50人以上の市町村は、前年と同じ7市となった。この7市の待機児童数は566人で、全県の待機児童数1,026人の55.2%を占めている。

 

<待機児童数50人以上の市>

(1) 戸田市 106人(+ 72人)

(2) 川口市  98人(△ 123人)

(3) 朝霞市    79人(+  32人)

(4) 草加市  77人(△ 49人)

(5) 新座市  70人(+ 20人)

(6) 狭山市  69人(+ 48人)

(7) 川越市  67人(△   7人) 

3 平成28年度の取組 

 埼玉県5か年計画の目標値の達成に向けて、認可保育所の整備を中心とし、企業や幼稚園と新たな連携をして、6,500人分の受入れ枠の拡大を図る。

     (人) 

施策名

内容

拡大数

(予算)

認可保育所、認定こども園の整備

安心こども基金(又は交付金)による保育所、

認定こども園の整備等

5,214

幼稚園との連携

幼稚園における保育の促進等

30

企業との連携

企業内保育所の促進

230

低年齢児保育の促進

小規模保育整備等

500

小規模保育事業等の拡充

526

6,500

 

※ 保育所、認定こども園の整備の一部は、国から市町村へ直接交付される交付金・補助金を財源とする事業となっており、県としての予算額は計上しないが、拡大数としては算入している。 

  

  埼玉県5か年計画-安心・成長・自立自尊の埼玉へ-における目標値

(人) 

指標

計画策定時の値

現状値

目標値

保育サービスを利用可能な児童数

97,473

(22年度末)

123,543

(27年度末)

113,000

(28年度末)

保育所待機児童数

1,186

(23年4月)

1,026

(28年4月)

550

(29年4月)

  

4 その他 

 市町村別の待機児童数などの詳細は、当課ホームページで御確認ください。

URL:http://www.pref.saitama.lg.jp/a0607/kosodate-hoiku-taiki.html 

県政ニュースのトップに戻る