Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年4月 > 地域包括ケアシステムモデル事業を実施する4市町村が決定しました

ここから本文です。

 

発表日:2016年4月28日14時

県政ニュース

地域包括ケアシステムモデル事業を実施する4市町村が決定しました

部局名:福祉部
課所名:地域包括ケア課
担当名:地域包括ケア担当
担当者名:鈴木

内線電話番号:3261
直通電話番号:048-830-3256
Email:a3250-03@pref.saitama.lg.jp

 団塊の世代が75歳以上になる2025年に向けて、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていくためには、地域包括ケアシステムの構築が必要です。そこで埼玉県では、平成28年度から新たに4つの市町村で「地域包括ケアシステムモデル事業」を実施します。モデル事業を実施する市町村の取組を通じて地域包括ケアシステム構築のための手法を確立し、全市町村に普及していきます。

 このたび公募を実施し、4市町が決定しました。

 

1 地域包括ケアシステムモデル実施市町村(4市町)

 新座市、蕨市、羽生市、川島町

 「自立促進」「介護予防」「生活支援」の3つの事業について、各市町の地域特性を生かしながら実施する。

 

2 地域包括ケアシステムモデル事業による主な支援内容

 (1)地域ケア会議における「自立促進」

 ・理学療法士などの専門職で構成する支援チームを派遣し、自立に資するケアプランへのアドバイス

 (2)住民が運営する「介護予防」

 ・アドバイザーを派遣し、住民が運営する体操教室の立ち上げを支援

 (3)「生活支援」の体制整備

 ・アドバイザーを派遣し、日常生活支援の担い手の発掘や養成を支援

 ・ボランティア等の拠点整備費等補助

地域包括ケアシステムモデル事業参考画像(PDF:312KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。