Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年4月 > 埼玉県多面的機能支援推進会議では、農村の景観保全や農地の保全管理など、農家が中心となり地域活動を行っている組織の表彰を行います。

ここから本文です。

 

発表日:2016年4月25日14時

県政ニュース

埼玉県多面的機能支援推進会議では、農村の景観保全や農地の保全管理など、農家が中心となり地域活動を行っている組織の表彰を行います。

部局名:農林部
課所名:農村整備課
担当名:農村環境担当
担当者名:塚本

内線電話番号:4350
直通電話番号:048-830-4348
Email:a4330-08@pref.saitama.lg.jp

 多面的機能支払交付金(日本型直接支払)により活動を行った269組織のうち、優良事例8組織について表彰を行います。 

1 表彰式

 埼玉県多面的機能支援推進会議 平成28年度通常総会

 日時 平成28年4月27日(水曜日)14時00分から

 場所 県民健康センター 大会議室A・B 

2 表彰組織

 (1)上沼・下沼農地保全会 (北本市)

 (2)竹間沢農地環境保全協議会 (三芳町)

 (3)上福田地区農地・水・環境保全会 (滑川町)

 (4)般若地域の環境を守る会 (小鹿野町)

 (5)神川地域農地・水・環境保全管理協定(神川町)

 (6)奈良広域協定 (熊谷市)

 (7)酒巻農地環境協議会 (行田市)

 (8)上内川活動組織 (吉川市) 

3 表彰組織について

 受賞した組織は、農村が持つ水源のかん養や、美しい景観の保全、農地や農業用施設の保全管理のため、農家が中心となり、菜の花やコスモスの栽培による景観の形成、小学生などを対象にした環境美化活動の開催、地域住民と共同した水路の草刈りや清掃活動など、積極的な活動を行っています。 

※1 埼玉県多面的機能支援推進会議とは

 多面的機能支払(日本型直接支払)の効果的な推進のため、県、関係農業団体、関係市町村の60団体で構成された組織です。

 2 多面的機能支払交付金(日本型直接支払)とは

 農業・農村が持つ県土の保全や良好な景観の形成といった多面的機能を支える農道の草刈り、水路の泥上げなどの地域の共同活動を支援しています。

県政ニュースのトップに戻る