Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年4月 > 平成28年熊本地震に係る被災建築物応急危険度判定士の派遣について(第2報)

ここから本文です。

 

発表日:2016年4月22日15時

県政ニュース

平成28年熊本地震に係る被災建築物応急危険度判定士の派遣について(第2報)

部局名:都市整備部
課所名:建築安全課
担当名:震災対策担当
担当者名:葛木

内線電話番号:5523
直通電話番号:048-830-5527
Email:a5510-01@pref.saitama.lg.jp

 平成28年熊本地震により被災した建築物の倒壊による二次的被害を防止するため、熊本県から国土交通省を通じて、被災建築物応急危険度判定士の派遣要請がありました。

 この要請を受け、埼玉県では、市町村と協力し被災建築物応急危険度判定士を派遣することを決定し、4月21日に発表したところですが、調整中であった4月26日から4月28日にかけて派遣する判定士数が確定しましたので、お知らせします。

 なお、概要は次のとおりです。

1 派遣期間及び判定士数

 平成28年4月26日(火曜日)から4月28日(木曜日)

 埼玉県職員・県内市町村職員 計46名

 (県、川越市、川口市、秩父市、所沢市、飯能市、東松山市、狭山市、羽生市、上尾市、草加市、戸田市、朝霞市、志木市、新座市、八潮市、三郷市、坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、寄居町)

2 派遣場所

 熊本県内

3 活動内容

 建築物の危険度を目視などにより応急的に判定の上、3種類の色分けで表示し、住民へ注意喚起する。

 ※ 危険=赤色、要注意=黄色、調査済=緑色

4 その他

 今後、被災県から追加の支援要請があった場合、判定士が派遣できるよう準備する。

県政ニュースのトップに戻る