Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年4月 > 5月は「九都県市一斉自転車マナーアップ強化月間」です~自転車も のれば車の なかまいり~

ここから本文です。

 

発表日:2016年4月21日14時

県政ニュース

5月は「九都県市一斉自転車マナーアップ強化月間」です~自転車も のれば車の なかまいり~

部局名:県民生活部
課所名:防犯・交通安全課
担当名:安全教育・指導担当
担当者名:伊藤

内線電話番号:2951
直通電話番号:048-830-2960
Email:a2950-03@pref.saitama.lg.jp

 九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)の自転車安全利用対策担当課で構成される首都圏自転車安全利用対策協議会では、5月1日(日曜日)から31日(火曜日)までの1か月間「九都県市一斉自転車マナーアップ強化月間」を実施します。

 平成27年中の埼玉県内の自転車乗用中の交通事故死者数は42人で、平成26年と比べ11人増加しました。今年に入り自転車乗用中の死者数は、昨日現在13人で前年同期比±0人となっています。年齢別で見ると高齢者の割合が最も高く全体の6割以上(61.5%)を占めています。(平成27年中、自転車乗用中の高齢者の死者数は31人中19人61.3%)

 このようなことから、市町村や関係団体と連携し、運動重点である自転車交通ルールの遵守及びマナーの向上などを呼び掛け、様々な活動を実施します。 

「九都県市一斉自転車マナーアップ強化月間」実施概要

1 運動期間

 平成28年5月1日(日曜日)から31日(火曜日)までの1か月間

2 スローガン

 自転車も のれば車の なかまいり

3 運動重点

 ⑴共通重点

 ○自転車交通ルールの遵守及びマナーの向上(特に自転車安全利用五則の周知徹底)

 ○自転車の点検整備の促進

⑵埼玉県重点

   ○自転車損害保険等への加入促進

   ○幼児・児童及び生徒、高齢者の自転車乗用時のヘルメットの着用促進

  ※自転車安全利用五則
 ①自転車は、車道が原則、歩道は例外
 ②車道は左側を通行
 ③歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 ④安全ルールを守る

 ○飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

 ○夜間はライトを点灯

 ○交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

 ⑤子どもはヘルメットを着用

4 統一行動日

 九都県市の統一行動日には、県内各地で県、県警、市町村及び交通安全関係団体が連携して啓発活動などを実施します。

 ○5月10日(火曜日) 自転車安全利用の日

5 主な活動

サイクル・マナーアップ作戦キャンペーン

⑴日時

 平成28年5月3日(火曜日)午後2時00分~午後4時00分

⑵場所

 川口総合文化センターリリア

⑶主催

 川口警察署、埼玉県警察本部、埼玉県、(一財)埼玉県交通安全協会

⑷内容

 自転車交通安全教室

 軽音楽クラブ「K音」コンサート

 自転車乗車用ヘルメット抽選会

 (スマイルメットキャンペーン:アンケート回答者から抽選で自転車ヘルメット等が当たります。) 

自転車安全利用埼スタキャンペーン

⑴ 日時:平成28年5月14日(土曜日)午前11時~午後2時

⑵ 場所:埼玉スタジアム2002 (さいたま市緑区中野田500番地)

⑶ 主催:埼玉県、埼玉県警察本部

⑷ 内容:浦和レッズ対アルビレックス新潟戦を観戦に来た来場者を対象に、

 ・「さいたまっち」「ポッポくん」を活用した啓発活動

 ・ スマイルメットキャンペーン

 (アンケート回答者から抽選で自転車ヘルメット等が当たります。)

 ・ 自転車安全利用五則啓発歌「5Song」を周知するための啓発活動

 ・ 自転車ヘルメット展示コーナー を行います。

 

■埼玉県ホームページ「平成28年九都県市一斉自転車マナーアップ強化月間」
 トップページ > 組織でさがす > 防犯・交通安全課 > 交通安全運動 > 平成28年九都県市一斉自転車マナーアップ強化月間

  リンク切れのため削除しました。 

県政ニュースのトップに戻る