Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年4月 > 平成28年熊本地震に係る災害派遣精神医療チーム(DPAT)の派遣について

ここから本文です。

 

発表日:2016年4月17日15時

県政ニュース

平成28年熊本地震に係る災害派遣精神医療チーム(DPAT)の派遣について

部局名:福祉部
課所名:障害者福祉推進課
担当名:自立支援医療担当
担当者名:冨田・鈴木

内線電話番号:3295
直通電話番号:048-830-3295
Email:a3310-04@pref.saitama.lg.jp

 平成28年熊本地震に伴い、被災者への専門性の高い精神科医療の提供や精神保健活動の支援が必要とされています。
そのため、熊本県から厚生労働省DPAT事務局を通じて、埼玉県に対し災害派遣精神医療チームの派遣要請がありました。
この要請を受けて、埼玉県から埼玉県災害派遣精神医療チーム(DPAT)を以下のとおり派遣します。

1 派遣先 

 熊本県

2 派遣体制 

 精神科医、看護師、精神保健福祉士、事務職員 各1名
(県立精神医療センター、障害者福祉推進課職員で構成)

3 活動内容

・精神科医療機関や精神疾患を有する被災者への支援
・被災のストレスにより精神的問題を抱える被災者の心のケア
・被災者を支援する者に対する心のケア支援など

4 活動期間

 平成28年4月18日(月曜日)~ 24日(日曜日) 6泊7日
※なお、現地の状況によって、以降の派遣を検討します。
<災害派遣精神医療チームDPAT(Disaster Psychiatric Assistance Team)>
・大規模災害後、被災地域に入り精神医療及び精神保健活動を支援する専門チーム
・精神科医師をリーダーとした1チーム3~5名による編成で活動

県政ニュースのトップに戻る