Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年4月 > 所沢航空発祥記念館 陸軍九七式戦闘機実物大レプリカを展示します。

ここから本文です。

 

発表日:2016年4月15日14時

県政ニュース

所沢航空発祥記念館 陸軍九七式戦闘機実物大レプリカを展示します。

部局名:所沢航空記念公園指定管理者
課所名:(公財)埼玉県公園緑地協会・(公財)日本科学技術振興財団グループ
担当名:所沢航空発祥記念館運営グループ
担当者名:太田

直通電話番号:04-2996-2225
Email:tam-post@jsf.or.jp

 所沢航空発祥記念館では、平成28年4月19日(火曜日)から陸軍九七式戦闘機のレプリカを展示します。

 当レプリカは、テレビドラマで実際に使用されたもので、迫力ある実物大サイズです。現在開催中の特別展「時代を翔(かけ)る日本の傑作機たち」の追加展示となります。

 当特別展では、日本の航空機の傑作機達を貴重な資料やパネル等で紹介しています。

 是非、所沢航空発祥記念館にお越しください。 

実施概要

1 展示開始日

 平成28年4月19日(火曜日)~

 ※搬入時の天候等により公開開始日が変更になる場合があります。 

2 場所

 同館内 特別展会場(展示室内) 

3 内容

 好評により期間延長中の特別展「時代を翔(かけ)る日本の傑作機たち」に新たな展示が加わります。

 昨年8月にテレビ朝日系で放映されたテレビドラマ「妻と飛んだ特攻兵」の撮影に使用された、陸軍九七式戦闘機の実物大レプリカを追加展示します。

 陸軍九七式戦闘機とは、1935年(昭和10年)末、陸軍が各メーカーに競争試作を指示したことが原点となる機体です。各社とも実力が拮抗する中、徹底した重量軽減を図った中島飛行機の試作機が採用され、九七式戦闘機として制式機※注1となりました。

 九七式戦闘機は高い機動性で、実戦において目覚ましい活躍をみせたほか、頑丈な固定脚と車輪で、着陸が容易(荒地へも着陸可能)だったことも評価され、終戦間際まで3,300機以上が生産されました。

 当時の所沢飛行場においても、九七式戦闘機から後継に位置づけられる一式戦闘機注2への移行(パイロットが新機種へ乗り換えるための訓練)をする際、九七式戦闘機が飛来した記録が残っています。 

 ※注1:制式機 …軍隊などで公式に採用された機種・形式のこと。

 ※注2:一式戦闘機…九七式戦闘機の後継として位置づけられ、隼(はやぶさ)という愛称で呼ばれた。旧日本軍においては、零戦に次いで2番目に多く生産された機体。

4 費用

     通常入館料のみ 

 *都合により内容の一部変更もありますので、あらかじめ御了承ください

 *荒天時等はイベントの開催が中止となる場合があります。 

参考情報

1 会場

 所沢航空発祥記念館(埼玉県所沢市並木1-13、県営所沢航空記念公園内)

2 アクセス

 西武新宿線「航空公園駅」東口から徒歩約8分

 航空記念公園の駐車台数に限りがありますので、公共交通機関で御来館ください。

3 ホームページURL

 http://tam-web.jsf.or.jp/

4 入館料

 展示館 \510(大人)\100(小人)

 映像館 \620(大人)\260(小人)

 共通割引券 \820(大人)\310(小人)

 ※小学校就学前の児童、障害者は無料

 65歳以上の高齢者は年齢を証明できるものを提示いただければ団体割引と

 同等の割引となります。

 ※20名以上で団体割引あり

 ※ファミリーパスポート・シルバーカップルパスポート・インターネット割引あり

5 休館日

   毎週月曜日(月曜日が祝日に当たる場合はその翌平日)

 なお、5月2日(月曜日)臨時開館いたします。

 

県政ニュースのトップに戻る