Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年4月 > 世界最大規模の青少年ロボット競技会に出場するチームが知事を表敬訪問します。

ここから本文です。

 

発表日:2016年4月14日14時

県政ニュース

世界最大規模の青少年ロボット競技会に出場するチームが知事を表敬訪問します。

部局名:産業労働部
課所名:先端産業課
担当名:推進担当
担当者名:小暮、宮武

内線電話番号:3776
直通電話番号:048-830-3735
Email:a3760@pref.saitama.lg.jp

 世界最大規模の青少年ロボット競技会「FLL(ファースト・レコ゛・リーク゛)」に出場する「USBチーム」のメンバーが知事を表敬訪問します。

 「USBチーム」は、13歳から16歳の中学生及び高校生計8人のチームで、株式会社ロボット科学教育Crefus(クレファス)南浦和校に通うメンバーで構成されています。このたび、国内大会で優勝し、4月27日から30日にかけてアメリカで開催されるFLLに出場します。 

1 日時

 平成28年4月18日(月曜日)13時30分~13時45分

2 場所

 知事室

3 訪問予定者

 宇田 真尋(うだ まひろ)         東京学館浦安高校2年【リーダー】

 小嶋 大樹(こじま だいき)       開智高校1年

 阿部 崇人(あべ たかと)         専修大学松戸中学校3年

 加藤 公太朗(かとう こうたろう) 北本市立北本中学校3年

 小寺 悠斗(こてら ゆうと)       朝霞市立朝霞第三中学校2年

 ※3人は欠席。その他指導者、保護者含めて合計10人が訪問

4 内容

 国内大会優勝報告、世界大会出場の決意表明、動画によるロボットの紹介、懇談、記念撮影 

【参考】

 FLLは、セグウェイの考案者であるディーン・ケーメンが設立したNPO法人「FIRST」とレゴブロックでお馴染みのLego社が共催する、9歳から16歳の青少年を対象とした世界最大規模の国際的なロボット競技会です。

 国内大会は、NPO法人青少年科学技術振興会(FIRST JAPAN)により、2004年から開催されています。全国3ブロックで地方大会が開催され、勝ち上がった36チームによる全国大会において「USB(Universal Serial Bus)チーム」が優勝し、アメリカで開催されるFLLに出場することとなったものです。

県政ニュースのトップに戻る